○かすみがうら市議会政務活動費の交付に関する規則

平成17年3月28日

規則第5号

(趣旨)

第1条 この規則は、かすみがうら市議会政務活動費の交付に関する条例(平成17年かすみがうら市条例第6号。以下「条例」という。)に基づく政務活動費の交付に関し必要な事項を定めるものとする。

(会派の結成届出等)

第2条 条例第3条第1項に規定する会派結成及び異動届は、様式第1号によるものとする。

2 条例第3条第2項に規定する会派解散届は、様式第2号によるものとする。

3 前2項の届出による会派の結成、異動又は解散の効力は、それぞれ次の各号に定める日に生ずるものとする。

(1) 会派結成届 議長に当該届が提出された日

(2) 会派異動届 届出事由により次に定める日とする。

 議員の辞職、失職、死亡又は除名 当該事実の発生の日

 議員の所属会派からの脱会若しくは除名、議員の会派への入会又は会派の合併 議長に当該届が提出された日

(3) 会派解散届 議長に当該届が提出された日。ただし、前号アの事由により会派が解散したときは、その事実の発生日

4 月の初日に前項第1号第2号イ又は第3号の届出をしようとする場合において、その日がかすみがうら市の休日を定める条例(平成17年かすみがうら市条例第2号)第1条第1項に規定する休日に当たるときは、前項の規定にかかわらず、月の初日に届出があったものとみなす。

(交付申請等)

第3条 条例第5条第1項及び第2項に規定する交付申請書は、様式第3号(その1、その2)によるものとする。

2 条例第5条第3項に規定する交付変更申請書は、様式第4号によるものとする。

(交付決定通知書等)

第4条 条例第6条の規定による通知は、様式第5号によるものとする。

(交付請求等)

第5条 条例第7条の規定による請求は、様式第6号(その1、その2)によるものとする。

(使途基準)

第6条 条例第9条に規定する経費の使途基準は、会派に係る政務活動費については別表第1、議員に係る政務活動費については別表第2のとおりとする。

(支出証拠書類)

第7条 条例第11条第4項に規定するの領収書等に関する事項は、別表第3のとおりとし、議長の定めるものとは、別表第4のとおりとする。

(収支報告書の写しの送付)

第8条 議長は、条例第11条の規定により提出された収支報告書の写しを、様式第7号により市長に送付するものとする。

(政務活動費の返還手続等)

第9条 市長は、条例第13条第4項の規定により政務活動費の返還を命ずるときは、政務活動費返還通知書(様式第8号)により当該会派の代表者又は議員に通知するものとする。

2 政務活動費の返還は、かすみがうら市財務規則(平成17年かすみがうら市規則第38号)第107条の規定による過誤払金等の戻入の例により処理するものとする。

(支出証拠書類等の整理及び保管)

第10条 会派の政務活動費経理責任者及び議員は、政務活動費の支出(条例第9条に規定する範囲内で行った支出をいう。)について、会計帳簿を調製しその内訳を明確にするとともに、条例第11条第4項に規定する支出証拠書類を整理しなければならない。

2 会派の政務活動費経理責任者及び議員は、前項に規定する会計帳簿及び支出証拠書類を条例第11条第2項又は第3項の規定による収支報告書を提出すべき期限の末日の翌日から起算して5年を経過する日まで保存しなければならない。

(収支報告書の閲覧)

第11条 条例第14条第2項の規定による収支報告書の閲覧は、当該収支報告書を提出すべき期限の翌日から起算して30日を経過した日の翌日から行うことができる。

2 前項の収支報告書の閲覧は、議会事務局長が指定する場所で、執務時間中に行うものとする。

附 則

この規則は、平成17年3月28日から施行する。

附 則(平成20年3月31日規則第17号)

(施行期日)

1 この規則は、平成20年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正後のかすみがうら市政務調査費の交付に関する規則の規定は、平成20年度以後に交付する政務調査費について適用し、平成19年度以前に交付した政務調査費については、なお従前の例による。

附 則(平成25年3月4日規則第5号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行し、改正後のかすみがうら市議会政務活動費の交付に関する規則の規定は、平成25年3月1日から適用する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日前にこの規則による改正前のかすみがうら市議会政務調査費の交付に関する規則の規定により交付された政務調査費については、なお従前の例による。

別表第1(第6条関係)

会派に係る政務活動費使途基準

項目

支出できるものの例

支出できないものの例

留意事項

研究研修費

講師謝礼、旅費、資料代、印刷製本費、送料、調査委託料、会場使用料、機材借上料、出席者負担金、会費など

・総会、懇親会、忘年会、新年会等で飲食を主たる目的とした会合の参加に要する経費

・党大会、党のパーティー及び後援会後援会のパーティーの参加に要する経費

・飲食にかかる経費

・講師謝礼には、講師の交通費及び宿泊費を含む。

・研究研修会に出席したときは、当該研究研修会にかかる報告書を作成し、議長に報告する。

調査旅費

交通費、旅費、宿泊費、バス借上料など

海外視察研修、手みやげ代、宿泊費に含まれる食事代以外の飲食費

かすみがうら市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例(平成17年かすみがうら市条例第42号)に規定された旅費の日当を除く額の範囲内。

・会派の代表者は、先進地調査又は現地調査を実施しようとするときは、視察の日時、視察先、調査事項、視察行程、参加議員数及び視察概算経費を事前に議長に提出する。

・県内の宿泊は原則認めない。

・先進地調査又は現地調査を実施したときは、視察経費の収支報告書及び視察目的、視察内容、質疑応答、参加者全員の感想等を記載した視察報告書を議長に提出する。

広聴費

印刷製本費、送料、会場使用料、機材借上料など



資料作成費

印刷製本費、筆耕料など



資料購入費

図書代、新聞購読料、その他資料代など


新聞購読料は、全国紙1人1紙、地方紙1人1紙までとする。

広報費

印刷製本費、送料、会場使用料、機材借上料など

・後援会、政党等と共同で発行する機関紙等

・政党活動、選挙活動、後援会活動、私的活動に関する広報発行の費用

・広報誌等印刷物の発行者名は、かすみがうら市議会会派○○○○、又は○○党かすみがうら市議員団とする。

事務費

事務用品、備品購入費、通信費、ホームページ関係費など

・ガソリン代

・自宅で使用している電話及びファクシミリの通信に要する経費(ただし、限度額を1万円としてファクシミリに係る消耗品の支出は除く。)

・携帯電話の通信に要する経費


別表第2(第6条関係)

議員に係る政務活動費使途基準

項目

支出できるものの例

支出できないものの例

留意事項

研究研修費

講師謝礼、旅費、資料代、印刷製本費、送料、調査委託料、会場使用料、機材借上料、出席者負担金、会費など

・総会、懇親会、忘年会、新年会等で飲食を主たる目的とした会合の参加に要する経費

・党大会、党のパーティー及び後援会後援会のパーティーの参加に要する経費

・飲食にかかる経費

・講師謝礼には、講師の交通費及び宿泊費を含む。

・研究研修会に出席したときは、当該研究研修会にかかる報告書を作成し、議長に報告する。

調査旅費

交通費、旅費、宿泊費、バス借上料など

海外視察研修、手みやげ代、宿泊費に含まれる食事代以外の飲食費

かすみがうら市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例(平成17年かすみがうら市条例第42号)に規定された旅費の日当を除く額の範囲内。

・議員は、先進地調査又は現地調査を実施しようとするときは、視察の日時、視察先、調査事項、視察行程、参加議員数(複数の場合のみ)及び視察概算経費を事前に議長に提出する。

・県内の宿泊は原則認めない。

・先進地調査又は現地調査を実施したときは、視察経費の収支報告書及び視察目的、視察内容、質疑応答、感想(複数の場合は全員)等を記載した視察報告書を議長に提出する。

広聴費

印刷製本費、送料、会場使用料、機材借上料など



資料作成費

印刷製本費、筆耕料など



資料購入費

図書代、新聞購読料、その他資料代など


新聞購読料は、全国紙1紙、地方紙1紙までとする。

広報費

印刷製本費、送料、会場使用料、機材借上料など

・後援会、政党等と共同で発行する機関紙等

・政党活動、選挙活動、後援会活動、私的活動に関する広報発行の費用

・広報誌等印刷物の発行者名は、かすみがうら市議会議員○○○○とする。

事務費

事務用品、備品購入費、通信費、ホームページ関係費など

・ガソリン代

・自宅で使用している電話及びファクシミリの通信に要する経費(ただし、限度額を1万円としてファクシミリに係る消耗品の支出は除く。)

・携帯電話の通信に要する経費


別表第3(第7条関係)

領収書等の種類

要件

領収書

1 政務活動費を支出した場合は、次に掲げる事項により処理した領収書(受領証、売りさばき証明書その他これらに類するものを含む。以下この票において同じ。)を添付しなければならない。

(1) 日付、金額、内訳及び発行者名又は証明者名が記載されていなければならない。

(2) あて先欄は、会派名若しくは会派所属議員氏名、又は議員氏名のいずれかの名あての記載がなければならない。

(3) 内訳欄には、「品代」、「事務用品代」、「書籍代」等の記載ではなく、品名、単価及び数量、サービス内容、利用区間等の具体的な支出の内容の記載がなければならない。内訳欄の記載がない場合は、領収書を補記する別紙を添付しなければならない。

2 次の各号に掲げる特定品目を購入した場合は、当該各号に定めるところにより処理するものとする。

(1) 切手及びはがき 次のとおりとする。

ア 発送物、発送時期等の使用予定及び使用実績等を記載した別紙を添付する。

イ 大量の残が発生した場合は、議長にその旨を報告する。

(2) プリペイドカード類 地方視察に要する場合は、その時期、場所及び目的を補記する別紙を領収書に添付しなければならない。

(3) ガソリン代 地方視察に要する場合のみ、その時期、場所及び目的を補記する別紙を領収書に添付しなければならない。

会派の代表者が政務活動費の支出があったことを証する書面

券売機で支払った鉄道等の交通費又は施設、催事等の入場料その他領収書を添付できないことにつきやむを得ない事情があると議長が認めるものについては、会派の代表者が政務活動費の支出があったことを証する書類を添付しなければならない。

別表第4(第7条関係)

区分

領収書等を補完する証拠書類

金融機関等に振り込むことにより政務活動費を支出した区分

(1) 振込票、利用明細票その他これらに類するもの

(2) 請求書

政務活動費で購入したプリペイドカード類が使用済みとなった区分

(1) 使用済みとなったプリペイドカード類の原本

(2) 使用済みとなったプリペイドカード類の裏面の写し

政務活動費で券売機により鉄道等の運賃又は施設、催事等の入場料を支払った区分(乗車券、入場券等の全部又は一部がある区分に限る。)

乗車券、入場券

政務活動費で調査研究に係る報告書、広報紙等を作成した区分

報告書、広報紙等の全部又は一部

政務活動費で研修会、講演会、報告会その他各種会議を開催し、案内、ポスター等を作成した区分

案内、ポスター等の全部又は一部

他の団体が開催する研修会、講演会、報告会その他各種会議に参加し、政務活動費で出席者負担金・会費を支払った区分

概要がわかる案内、資料等の全部又は一部

その他議長が特に必要と認める区分

議長が特に必要と認めるもの

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

かすみがうら市議会政務活動費の交付に関する規則

平成17年3月28日 規則第5号

(平成25年3月4日施行)