○かすみがうら市農業委員会規則

平成17年4月15日

農業委員会規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、法令の定めるもののほか、かすみがうら市農業委員会(以下「委員会」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(会長の選出)

第2条 会長は、農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号。以下「法」という。)第5条第2項の規定に基づき委員の無記名投票をもって選出し、得票数が最多の者をもって充てる。この場合において、得票数の同じ者が生じたときは、くじをもって決定する。

2 前項の規定にかかわらず出席委員に異議のないときは、指名推選により会長を選出することができる。

(会長代理の選出)

第3条 前条の規定は、法第5条第5項に定める会長の職務を代理する者(以下「会長代理」という。)を選出する場合に準用する。

(委員の辞任)

第4条 委員が辞任しようとするときは、市長に辞任願を提出し、市長及び総会(農業委員会の委員の会議をいう。以下同じ。)の同意を得なければならない。

(議席)

第5条 委員の議席は、委員の任期満了による任命の後最初に行われる総会において、当該委員によるくじでこれを定める。この場合において、遅参又は欠席をした委員があるときは、第12条において規定する委員会の職員が代わってくじをひくものとする。

2 議席には、番号及び氏名標を付するものとする。

(役職の辞任)

第6条 会長又は会長代理がその役職を退こうとするときは、総会の同意を得なければならない。

2 会長がその職を退こうとするときは、その理由を付した書面により会長代理に申し出なければならない。

3 会長代理がその職を退こうとするときは、その理由を付した書面により会長に申し出なければならない。

(和解の仲介委員)

第7条 会長が農地法(昭和27年法律第229号)第25条の規定に基づく和解の仲介は、農業委員会の委員のうちから農業委員会の会長が事件ごとに指名する3人の仲介委員によって行う。

2 仲介委員は、和解の仲介をなし得たときは、総会にその結果を報告しなければならない。

(会長の職務)

第8条 会長の担任する事務は、法令に定めるもののほか次のとおりとする。

(1) 議案の提出に関すること。

(2) 総会の決議事項を執行すること。

(3) 事務局職員の指揮に関すること。

(4) 公印及び書類の保管に関すること。

(5) その他委員会の庶務に関し、重要な事項に関すること。

(専決処分)

第9条 会長は、軽易な事務について専決処分をすることができる。

2 前項に定める軽易な事務の範囲は、委員会の議決を経て定める。

(専決処分の報告)

第10条 会長は、前条第1項に定める専決処分をしたときは、総会に報告しなければならない。

(事務局の設置)

第11条 委員会に事務を処理するため事務局を置く。

(職員)

第12条 委員会に職員を置く。

2 職員の定数は、条例で定める。

3 職員は、委員会が任免する。

4 職員は、会長の指揮を受け、委員会の事務に従事する。

(公告式)

第13条 委員会における公告式は、規則及び訓令を公布しようとするときは、かすみがうら市公告式条例(平成17年かすみがうら市条例第3号。以下「条例」という。)を準用する。ただし、条例第2条第2項の規定にかかわらず、公布は、農業委員会事務局に掲示してこれを行う。

(身分証明)

第14条 法第35条第2項の規定による身分を示す証票は、身分証明書(別記様式)によるものとする。

附 則

この規則は、平成17年4月15日から施行する。

附 則(平成19年2月27日農委規則第1号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成25年5月27日農委規則第1号)

この規則は、公布の日から施行し、平成25年5月1日から適用する。

附 則(平成27年9月1日農委規則第1号)

この規則は、平成27年10月1日から施行する。

附 則(平成28年3月31日農委規則第2号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月30日農委規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(かすみがうら市農業委員会事務局組織規則の一部改正)

2 かすみがうら市農業委員会事務局組織規則(平成17年かすみがうら市農業委員会規則第3号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

画像

かすみがうら市農業委員会規則

平成17年4月15日 農業委員会規則第1号

(平成30年3月30日施行)