○かすみがうら市職員の特殊勤務手当に関する条例

平成17年3月28日

条例第47号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第24条第5項及びかすみがうら市職員の給与に関する条例(平成17年かすみがうら市条例第46号)第25条の規定に基づき、職員の特殊勤務手当に関する事項を定めるものとする。

(特殊勤務手当の種類)

第2条 特殊勤務手当の種類は、次のとおりとする。

(1) 感染症防疫作業手当

(2) 行旅死亡人死体処理作業手当

(3) 犬猫等死体処理作業手当

(4) 植物防疫作業手当

(5) 消防業務手当

(6) 救急業務手当

(7) 救急救命士手当

(8) 救助隊員業務手当

(9) 機関員業務手当

(感染症防疫作業手当)

第3条 感染症防疫作業手当は、感染症が発生し、又は発生するおそれがある場合において職員が、感染症の患者若しくは感染症の疑いのある患者の救援に従事した場合、感染症菌の付着した物件若しくは付着の危険がある物件の処理作業に従事した場合、又は伝染病菌を有する家畜若しくは伝染病菌を有する疑いのある家畜に対する防疫作業に従事した場合に支給する。

(行旅死亡人死体処理作業手当)

第4条 行旅死亡人死体処理作業手当は、職員が行旅死亡人の死体処理作業に従事した場合に支給する。

(犬猫等死体処理作業手当)

第5条 犬猫等死体処理作業手当は、職員が犬猫等の死体処理作業に従事した場合に支給する。

(植物防疫作業手当)

第6条 植物防疫作業手当は、職員が衛生上特に危害を受けるおそれのある業務に従事したときに支給する。

(消防業務手当)

第7条 消防業務手当は、消防職員が救急業務以外の災害に出場した場合に支給する。

(救急業務手当)

第8条 救急業務手当は、救急救命士以外の消防職員が救急業務に出場した場合に支給する。

(救急救命士手当)

第9条 救急救命士手当は、救急救命士(救急救命士法(平成3年法律第36号)第2条第2項に規定する救急救命士をいう。)の資格を有する消防職員が救急業務に出場した場合に支給する。

(救助隊員業務手当)

第10条 救助隊員業務手当は、救助隊員が救助業務に出場した場合に支給する。ただし、当該手当を支給した場合は、第7条に規定する消防業務手当は支給しない。

(機関員業務手当)

第11条 機関員業務手当は、消防職員が緊急車両の機関員として業務に従事した場合に支給する。

(手当の額)

第12条 第3条から第10条までに規定する手当の額は、1回につき500円を超えない範囲において、規則で定める。

2 前条に規定する手当の額は、1当務につき150円を超えない範囲において、規則で定める。

(委任)

第13条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年3月28日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の霞ヶ浦町職員の特殊勤務手当に関する条例(平成12年霞ヶ浦町条例第11号)又は千代田町職員の特殊勤務手当に関する条例(昭和45年千代田町条例第6号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年2月3日条例第13号)

この条例は、平成18年2月20日から施行する。

附 則(平成27年12月25日条例第31号)

この条例は、平成28年4月1日から施行する。

かすみがうら市職員の特殊勤務手当に関する条例

平成17年3月28日 条例第47号

(平成28年4月1日施行)