○かすみがうら市職員の特殊勤務手当に関する規則

平成17年3月28日

規則第36号

(趣旨)

第1条 この規則は、かすみがうら市職員の特殊勤務手当に関する条例(平成17年かすみがうら市条例第47号。以下「条例」という。)第7条及び第8条の規定に基づき、職員の特殊勤務手当に関し必要な事項を定めるものとする。

(感染症防疫作業に従事する職員の特殊勤務手当)

第2条 条例第3条に規定する「感染症」とは、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年法律第114号)第6条第2項から第4項までに規定する感染症のほか、結核並びに狂犬病予防法(昭和25年法律第247号)第2条第1項及び家畜伝染病予防法(昭和26年法律第166号)第2条第1項に規定する伝染病(特に人体に感染の危険があるものに限る。)をいうものとする。

第3条 条例第3条に規定する「感染症防疫作業に従事する職員」とは、本務として、防疫作業に従事する職員及びこれと同一の場所、時期、条件等において防疫作業に従事するその他の職員をいうものとする。

第4条 条例第3条に定める手当の額は、次の各号に定める作業に従事した1回につき300円とする。

(1) 感染症の病原体に汚染され、又は汚染された疑いがある場所の消毒

(2) 感染症の病原体に汚染され、又は汚染された疑いがあるねずみ族、昆虫等が存在する区域における当該ネズミ族、昆虫等の駆除

(3) 感染症の病原体に汚染され、又は汚染された疑いがある飲食物、衣類、寝具その他の物件の消毒

(4) 家畜伝染病菌を有する家畜又はその疑いがある家畜に対する防疫

(行旅死亡人死体処理作業手当)

第5条 条例第4条に定める手当の額は、作業に従事した1回につき300円とする。

(犬猫等死体処理作業手当)

第6条 条例第5条に定める手当の額は、作業に従事した1回につき300円とする。

(植物防疫作業手当)

第7条 条例第6条に定める手当の額は、作業に従事した1回につき300円とする。

(消防業務手当)

第8条 条例第7条に定める手当の額は、災害に出場し、かつ、災害活動に従事した1回につき300円とする。

(救急業務手当)

第9条 条例第8条に定める手当の額は、救急業務に出場し、かつ、救急活動に従事した1回につき300円とする。

(救急救命士手当)

第10条 条例第9条に定める手当の額は、救急業務に出場し、かつ、救急活動に従事した1回につき500円とする。

(救助隊員業務手当)

第11条 条例第10条に定める手当の額は、救助業務に出場し、かつ、救助活動に従事した1回につき500円とする。

(機関員業務手当)

第12条 条例第11条で定める手当の額は、緊急車両の機関員として業務に従事した場合に次の各号に定める区分に応じて、当該各号に掲げる額とする。

(1) 大型1種及び中型1種の自動車運転免許を取得しているもの 1当務につき150円

(2) 前号以外のもの 1当務につき100円

(特殊勤務手当の支給日)

第13条 特殊勤務手当の支給日は、時間外勤務手当の支給日に関する規定を準用する。

(帳簿の作成)

第14条 任命権者は、特殊勤務実績簿(別記様式)を作成し所要事項を記入して、それを保管しなければならない。

附 則

この規則は、平成17年3月28日から施行する。

附 則(平成18年2月3日規則第11号)

この規則は、平成18年2月20日から施行する。

附 則(平成18年6月1日規則第41号)

この規則は、平成18年6月1日から施行する。

附 則(平成19年6月29日規則第33号)

この規則は、公布の日から施行し、平成19年6月2日から適用する。

附 則(平成21年2月17日規則第4号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

画像

かすみがうら市職員の特殊勤務手当に関する規則

平成17年3月28日 規則第36号

(平成21年4月1日施行)