○かすみがうら市防災センターの設置及び管理に関する条例

平成17年3月28日

条例第17号

(設置)

第1条 自然災害や火災などの非常時における防災活動の拠点としての機能を確保するとともに、地域住民に対し平常時における防災訓練及び研修の場を提供し、もって地域の自主防災力を高め、安全で住みよい生活環境の創出に資するため、かすみがうら市防災センター(以下「防災センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 防災センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

かすみがうら市防災センター

かすみがうら市上土田452番地2

(管理)

第3条 市長は、非常時における防災対応が迅速かつ適切に行われるよう、常に防災センターの適正な管理に努めるものとする。

2 防災センターの管理事務は、消防主管課がこれを行うものとする。

(使用の許可)

第4条 防災センターの施設及び附属設備(以下「施設等」という。)を使用しようとする者は、あらかじめ市長に申請し、その許可を受けなければならない。

2 市長は、前項の許可を与える場合、施設等の管理上必要な条件を付することができる。

(使用の不許可)

第5条 市長は、使用の目的が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、施設等の使用を許可しないことができる。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあるとき。

(2) 施設等をき損又は滅失するおそれがあるとき。

(3) 防災センターの管理上支障があるとき。

(4) 前3号のほか、市長が適当でないと認めるとき。

(使用料)

第6条 防災センターの使用料は、無料とする。

(使用者の義務)

第7条 第4条の規定に基づき使用の許可を受けたもの(以下「使用者」という。)は、使用の目的を変更し、又はその権利を他人に転貸若しくは譲渡してはならない。

(使用許可の取消し等)

第8条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、その許可を取り消し、又は許可の内容若しくは条件を変更することができる。

(1) 使用者が、使用許可の条件に違反したとき。

(2) 使用者が、この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(3) 第5条第1号又は第2号に該当すると認めたとき。

(4) 市において緊急に必要が生じたとき。

(5) 前各号のほか、防災センターの管理上支障が生じたとき。

(原状回復)

第9条 使用者は、その使用の目的を終了したとき、又は使用の許可を取り消されたときは、直ちに施設等を原状に回復し、返還しなければならない。

(損害賠償)

第10条 使用者が故意に又は過失により施設等を損傷し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、市長が損害を賠償することが適当でないと認めたときは、この限りでない。

(委任)

第11条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年3月28日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の千代田町防災センターの設置及び管理に関する条例(平成9年千代田町条例第6号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

かすみがうら市防災センターの設置及び管理に関する条例

平成17年3月28日 条例第17号

(平成17年3月28日施行)