○かすみがうら市大塚ふれあいセンターの設置及び管理に関する条例

平成17年3月28日

条例第110号

(設置)

第1条 地域住民の活動の場や、住民相互の連帯意識の高揚と社会参加の推進を図るために、コミュニティ施設を設置する。

(名称及び位置)

第2条 名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

かすみがうら市大塚ふれあいセンター

かすみがうら市下稲吉1868番地22

(職員)

第3条 かすみがうら市大塚ふれあいセンター(以下「ふれあいセンター」という。)に館長その他必要な職員を置くことができる。

(使用)

第4条 ふれあいセンターの使用者は、その設置の趣旨を尊重し公衆道徳を守り公共の福祉に反しないようにしなければならない。

(使用者の範囲)

第5条 ふれあいセンターを使用することができる者は、次の各号に掲げるものとする。

(1) 市内に住所を有する者

(2) その他市長が適当と認めた者

(使用の許可)

第6条 ふれあいセンターを使用する者は、市長の許可を受けなければならない。

(使用の制限)

第7条 市長は、ふれあいセンターを使用する者が、次の各号のいずれかに該当する場合は、その使用を拒み、退去を命じ、又は使用の制限若しくは許可の取消しをすることができる。

(1) この条例又は規則に違反したとき。

(2) 管理運営上支障があるとき。

(使用料)

第8条 ふれあいセンターを利用する者は、かすみがうら市公の施設の使用料等に関する条例(平成28年かすみがうら市条例第43号)に定める使用料を納付しなければならない。

(損害の賠償)

第9条 ふれあいセンターの使用者は、施設等を損傷又は滅失したときは、これによって生じた損害を賠償しなければならない。

(委任)

第10条 この条例に定めるほか、必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年3月28日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の千代田町大塚ふれあいセンターの設置及び管理に関する条例(平成8年千代田町条例第5号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成25年12月27日条例第38号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成28年12月28日条例第43号)

(施行期日)

1 この条例は、平成29年4月1日から施行する。

(検討)

2 市長は、この条例の施行の日から5年を経過した場合において、この条例の施行の状況について検討を加え、その結果に基づいて必要な措置を講ずるものとする。ただし、公の施設の再編、社会経済情勢の変化等があった場合には、その状況に応じ、随時、必要な措置を講ずることができる。

かすみがうら市大塚ふれあいセンターの設置及び管理に関する条例

平成17年3月28日 条例第110号

(平成29年4月1日施行)