○かすみがうら市働く女性の家の設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年3月28日

規則第86号

(開館時間及び休館日)

第2条 かすみがうら市働く女性の家(以下「働く女性の家」という。)の開館時間は、午前9時から午後10時までとする。

2 働く女性の家の休館日は、12月28日から翌年の1月4日までの日とする。ただし、市長が特に必要と認めたときはこれを変更し、又は臨時に休館することができる。

(使用許可の申請)

第3条 条例第6条の規定により施設の使用の許可を受けようとする者は、使用予定日の属する月の前々月の初日から使用予定日の5日前までに、働く女性の家使用許可申請書(様式第1号。以下「使用申請書」という。)を提出しなければならない。ただし、市長は、施設の効率的かつ効果的な運営を図るため必要と認めるときは、この提出期間を変更することができる。

(許可書)

第4条 市長は、働く女性の家の使用を許可したときは、働く女性の家使用許可書(様式第2号。以下「許可書」という。)を交付する。

2 許可書の交付を受けた者が、働く女性の家を使用しようとするときは、許可書を受付に提示しなければならない。

(使用料の減免)

第5条 使用料条例の規定により使用料の免除又は減額を受けようとする者は、使用申請の際に使用申請書にその旨を記載し、申請しなければならない。

(使用料の納付)

第6条 第4条第1項の規定により使用許可を受けた者は、施設を使用する前までに使用料を納付しなければならない。

(使用料の返還)

第7条 使用料条例の規定により使用料の返還を受けようとする者は、働く女性の家使用料返還請求書(様式第3号)に使用料を納付したことを証する書類を添えて、提出しなければならない。

(使用者の遵守事項)

第8条 使用者は、条例第8条に規定する制限に抵触しないようにするとともに次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害する行為をしないこと。

(2) 許可を受けないで物品の販売又はこれらに類する行為をしないこと。

(3) 所定の場所以外で飲食又は喫煙をしないこと。

(4) 使用を終了したときは、直ちに原状に回復すること。

(5) その他管理上必要な指示に反する行為をしないこと。

(運営委員会)

第9条 条例第11条に規定する運営委員会に会長及び副会長各1人を置く。

2 会長及び副会長は、委員の互選による。

3 会長は、会務を総理し、運営委員会を代表する。

4 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるとき、又は欠けたときは、その職務を代行する。

5 運営委員会は、会長が招集し、会長が会議の議長となる。

6 運営委員会は、委員の過半数が出席しなければ会議を開くことができない。

7 運営委員会の議事は、出席委員の過半数で決する。ただし、可否同数のときは議長が決する。

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成17年3月28日から施行する。

附 則(平成24年9月28日規則第24号)

この規則は、平成24年10月1日から施行する。

附 則(平成29年3月31日規則第23号)

(施行期日)

1 この規則は、平成29年4月1日から施行する。

(かすみがうら市働く女性の家の設置及び管理に関する条例施行規則の一部改正に伴う経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、第1条の規定による改正前のかすみがうら市働く女性の家の設置及び管理に関する条例施行規則の規定によりなされた処分、手続、その他の行為は、使用料に関する事項を除き、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像画像

画像画像

画像

かすみがうら市働く女性の家の設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年3月28日 規則第86号

(平成29年4月1日施行)