○かすみがうら市保育所設置条例

平成17年3月28日

条例第92号

(設置)

第1条 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第35条第3項の規定に基づき、保育を必要とする乳児及び幼児(以下「児童」という。)を日々保護者の下から通わせて保育を行うため、保育所を設置する。

(名称及び位置)

第2条 前条により設置する保育所の名称及び位置は、別表のとおりとする。

(職員)

第3条 保育所に所長、主任保育士、保育士、調理員その他必要な職員を置くことができる。

(所長等の職務)

第4条 所長は、市長の指揮を受けて事務を処理し、所属職員を指揮監督する。所長に事故があるときは、主任保育士がその職務を代行する。

2 職員は、所長の命を受けて事務を処理する。

(入所の要件)

第5条 保育所に入所できる児童は、児童福祉法第24条第1項の規定に該当する者その他保育を必要とすることが明らかな者とする。ただし、次の各号のいずれかに該当する者については、入所を制限することができる。

(1) 感染症その他悪質な疾患を有する者

(2) 身体が虚弱で集団保育に耐えない者

(3) 精神病又は悪癖を有する者

(保育料)

第6条 保育所に入所する児童の保護者は、毎月保育料を納付しなければならない。ただし、当該保護者に負担能力がないと認められるときは、市長は、保育料を減額し、又は免除することができる。

2 保育料の額は、子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)第27条第3項第2号の政令で定める額を限度として規則で定める。ただし、同法第28条第1項第1号により保育を受けたときは、同法第27条第3項第1号の内閣総理大臣が定める基準により算定した費用の額(その額が現に当該保育に要した費用の額を超えるときは、当該現に保育に要した費用の額)を保育料とする。

3 前項の規定にかかわらず、市外に居住する児童の保護者から徴収する保育料は、当該保護者が居住する市町村が決定した額とする。

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか、保育所の運営、管理その他この条例の実施について必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成17年3月28日から施行する。

附 則(平成21年3月27日条例第9号)

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月31日条例第7号)

この条例は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成29年6月30日条例第14号)

この条例は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

名称

位置

かすみがうら市立第一保育所

かすみがうら市深谷3667番地

かすみがうら市立やまゆり保育所

かすみがうら市五反田298番地20

かすみがうら市立わかぐり保育所

かすみがうら市下稲吉519番地2

かすみがうら市保育所設置条例

平成17年3月28日 条例第92号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第9編 祉/第2章 児童福祉
沿革情報
平成17年3月28日 条例第92号
平成21年3月27日 条例第9号
平成27年3月31日 条例第7号
平成29年6月30日 条例第14号