○かすみがうら市高齢者センターの設置及び管理に関する条例

平成17年3月28日

条例第95号

(設置)

第1条 本市に居住する高齢者が、知識と経験を生かした生産と創造的活動の推進及び健康の保持増進を図り、生きがいある日常生活をおくるため、かすみがうら市高齢者センター(以下「高齢者センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 高齢者センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

かすみがうら市霞ヶ浦高齢者センター

かすみがうら市深谷3384番地1

かすみがうら市千代田高齢者センター

かすみがうら市中佐谷1205番地

(管理)

第3条 高齢者センターは、常に衛生管理に努め最も効率的に運営しなければならない。

2 市長は、第1条に定める事項を遂行できると認めた団体に、次の管理を委託することができる。

(1) 高齢者センターの維持管理

(2) その他高齢者センターの管理上必要と認める事項

(指導監督)

第4条 市長は、前条第2項の規定に基づき、団体に委託した高齢者センターの管理運営について、指導監督する。

(使用の許可等)

第5条 高齢者センターを使用しようとする者(以下「使用者」という。)は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

2 市長は、次の各号のいずれかに該当すると認められるときは、高齢者センターの使用を許可しないことができる。

(1) 公の秩序又は風俗を乱すおそれのあると認められるとき。

(2) 高齢者センター設備を破損するおそれがあると認められるとき。

(3) その他市長が不適当と認めるとき。

(損害の賠償)

第6条 使用者は、施設又は附属施設若しくは備付物件を滅失、き損したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、市長がやむを得ない事情と認めたときはこの限りでない。

2 市長は、使用者が条例に基づく規則に違反し、事故を起こしたとき、又は市長の管理上の責めに帰さない事故については、その責めを負わない。

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年3月28日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の霞ヶ浦町高齢者センター設置及び管理に関する条例(昭和60年霞ヶ浦町条例第2号)又は千代田町高齢者センターの設置及び管理に関する条例(平成元年千代田町条例第20号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

かすみがうら市高齢者センターの設置及び管理に関する条例

平成17年3月28日 条例第95号

(平成17年3月28日施行)