○かすみがうら市寝具洗濯乾燥消毒サービス事業実施要項

平成17年3月28日

告示第12号

(目的)

第1条 この告示は、家庭において寝たきり状態にある者等に対し清潔で快適な生活を支援するため、その者の寝具の洗濯乾燥消毒を行うことにより、介護者の労苦を軽減し、在宅福祉の増進を図ることを目的とする。

(実施主体)

第2条 事業の実施主体は、かすみがうら市とする。

(対象者)

第3条 事業の対象者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 寝具の衛生管理が困難な70歳以上の単身高齢者及び高齢者のみの世帯

(2) 老衰、疾病等の理由により、寝たきりの状態にある65歳以上の高齢者

(3) 重度の身体障害により、寝たきりの状態にある身体障害者(児)

(事業内容)

第4条 寝具洗濯乾燥消毒サービス事業は、次のとおりとする。

(1) 寝具(原則的に掛けふとん、敷ふとん及び毛布の各1枚を1式とする)の洗濯・乾燥・消毒

(2) 利用は、年1回を限度とする。

(利用申請及び決定)

第5条 この事業の利用を希望する者は、利用者又はその家族(以下「申請者」という。)が寝具洗濯乾燥消毒サービス申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 前項の利用申請があった場合には、市長は内容を精査し、寝具洗濯乾燥消毒サービス決定(却下)通知書(様式第2号)により申請者に通知する。

(協力体制)

第6条 市長は、事業の円滑な運営を図るため関係機関と十分連絡調整を行うものとする。

(備付書類)

第7条 市長は、寝具洗濯乾燥消毒サービス事業実施台帳(様式第3号)その他必要な帳簿を備え付け、常に管理しておかなければならない。

(利用料)

第8条 利用者の利用料は、寝具の洗濯乾燥消毒に要する費用の10分の1(生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護世帯は100分の5)に相当する額を負担するものとし、市長が発行する納入通知書により納入するものとする。この場合において、円未満の端数が生じる場合は切り捨てるものとする。

(サービスの変更)

第9条 利用者が次の各号のいずれかに該当する場合は、寝具洗濯乾燥消毒サービス内容変更届(様式第4号)により届け出なければならない。

(1) 住所を変更したとき。

(2) 決定内容に変更があったとき。

(サービスの停止及び廃止)

第10条 市長は、申請者から寝具洗濯乾燥消毒サービスの利用の必要がなくなった旨の届出等(寝具洗濯乾燥消毒サービス停止・廃止届(様式第5号))があったとき、又は利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、寝具洗濯乾燥消毒サービスを停止及び廃止することができる。

(1) 寝具洗濯乾燥消毒サービスを受ける必要がないと認められたとき。

(2) 入院等により1箇月以上在宅で生活していないとき。

(3) 前2号に規定するほか、市長が不適格と認めたとき。

2 市長は、寝具洗濯乾燥消毒サービスを停止又は廃止したときは、台帳に記載し、寝具洗濯乾燥消毒サービスの停止・廃止通知書(様式第6号)により申請者に通知するものとする。

(その他)

第11条 この告示に定めるもののほか、必要事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成17年3月28日から施行する。

改正文(平成20年2月22日告示第6号)

平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成27年11月30日告示第109号)

この告示は、平成28年1月1日から施行する。

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

かすみがうら市寝具洗濯乾燥消毒サービス事業実施要項

平成17年3月28日 告示第12号

(平成28年1月1日施行)