○かすみがうら市農村公園設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年3月28日

規則第88号

(趣旨)

第1条 この規則は、かすみがうら市農村公園設置及び管理に関する条例(平成17年かすみがうら市条例第115号)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(管理運営)

第2条 かすみがうら市農村公園(以下「農村公園」という。)の管理者は、農村公園の清掃の保持及び施設等の管理並びに使用の促進を図るとともに使用しようとする者(以下「使用者」という。)に対して必要な指導を行うなど、その設置目的の実現に努めなければならない。

(管理運営費)

第3条 農村公園の管理運営に要する経費については、管理委託集落が負担するものとする。ただし、運営費の一部については市が補助することができる。

(事故の防止及び処理)

第4条 管理者及び使用者は、農村公園における人身事故及び施設設備のき損、滅失事故等を未然に防ぐよう努めなければならない。

2 管理者は、使用者に事故発生のおそれがあるとき、又は効果的な使用に支障があると認めるときは、必要な規制を行い、若しくは禁止行為を定めることができる。

3 使用者は、事故が発生した場合は適切な処置を行い、速やかに管理者に報告してその指示を受けなければならない。

4 管理者は、農村公園の施設設備をき損又は滅失した者に対し原状回復のためこれを弁償させることができる。

(報告)

第5条 使用者は、管理者がその必要があると認めたとき、又は市長がこれを求めるときは、管理運営などの状況について報告するものとする。

(その他)

第6条 この規定に定めるほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成17年3月28日から施行する。

かすみがうら市農村公園設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年3月28日 規則第88号

(平成17年3月28日施行)

体系情報
第10編 産業経済/第1章 農林水産
沿革情報
平成17年3月28日 規則第88号