○かすみがうら市道路占用許可及び道路占用料徴収規則

平成17年3月28日

規則第104号

(趣旨)

第1条 この規則は、道路の占用許可に関し、道路法(昭和27年法律第180号。以下「法」という。)その他法令に別段の定めがあるもののほか必要な事項を定めるとともに、かすみがうら市道路占用料徴収条例(平成17年かすみがうら市条例第133号。以下「条例」という。)第7条の規定に基づき、条例の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(占用申請等)

第2条 法第32条第1項の規定により占用(以下「占用」という。)の許可を受けようとする者若しくは同条第3項の規定により占用の変更の許可を受けようとする者又は法第35条の規定により協議しようとする者は、占用しようとする日の1月前までに道路占用許可申請・協議書(様式第1号。以下「申請書等」という。)を市長に提出しなければならない。

2 占用の期間が満了し、引き続き占用をしようとする者は、占用期間満了の日の1月前までに申請書等を市長に提出しなければならない。

3 申請書等には、次の各号に掲げる書類を添付して行うものとする。ただし、市長が必要でないと認めたものは、この限りでない。

(1) 占用の位置図、平面図及び実測求積図

(2) 占用箇所及び埋設工作物の位置関係を明記した縦横断図

(3) 工作物の構造図

(4) 工事の設計書及び仕様書

(5) 占用(占用に関する工事を含む。)が隣接する土地及び建物の所有者又は当該道路の他の占用者その他のものに利害関係がある場合は、利害関係者の同意書、官公署の許可書その他の書類

(6) その他市長が必要と認めるもの

(占用の許可等)

第3条 市長は、前条第1項又は第2項の申請に対して許可又は同意をする場合は、道路占用許可・同意書(様式第2号)により行うものとする。

(占用料の徴収)

第4条 市長は、条例第2条の占用料については、許可の日から1月以内に徴収する。ただし、占用の期間が翌年度以降にわたる場合においての占用料は、当該年度分を毎年度5月31日までに徴収する。

(占用料の減免申請)

第5条 条例第5条の規定による減免を受けようとする者は、道路占用料減免申請書(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

(工事着工届)

第6条 法第32条の規定に基づき占用の許可を受けた者(以下「占用者」という。)は、掘削その他の占用に関する工事(以下「工事等」という。)を行う場合は、工事着工届出書(様式第4号)を提出しなければならない。ただし、軽易な工事についてはこの限りでない。

(工事完了届)

第7条 占用者は、工事等が完了した場合は、直ちに工事完了届出書(様式第5号)を提出しなければならない。ただし、軽易な工事についてはこの限りでない。

(工事方法)

第8条 工事等の施行方法は、法令に定めがあるもののほか、市長の指示によらなければならない。

(権利義務の承継)

第9条 占用者が死亡し、又は第3条の許可を受けた法人が合併した場合において、その相続人又は合併後存続する法人若しくは合併によって新たに成立した法人が、当該許可に基づく地位を承継しようとする場合は、相続の開始又は法人成立の日から1月以内に、権利義務承継届出書(様式第6号)を提出しなければならない。

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか、道路の占用に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年3月28日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の霞ヶ浦町道路占用許可及び道路占用料徴収規則(平成14年霞ヶ浦町規則第28号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

かすみがうら市道路占用許可及び道路占用料徴収規則

平成17年3月28日 規則第104号

(平成17年3月28日施行)