○かすみがうら市私道の受け入れ認定要項

平成17年3月28日

告示第167号

(趣旨)

第1条 この告示は、個人又は法人等の所有する土地を道路敷地として、市が受け入れるに当たり、必要な基準及び手続を定めるものとする。

(寄附申込様式)

第2条 道路敷地として、土地を寄附しようとする者は、別記様式による道路寄附申込書を提出し、申込書には、次の各号の書類を添付しなければならない。

(1) 土地位置図

(2) 公図の写し(500分の1)

(3) 実測図(500分の1又は250分の1)

(4) 寄附する土地の登記事項証明書

(5) 登記承諾書

(6) 土地所有者の印鑑証明書

(私道の受入条件)

第3条 私道の受け入れは、公益上特に必要かつ管理可能と認められ、起点及び終点が国道、県道又は市町村道のいずれかに連絡しているもので、次の各号に該当するものに限るものとする。ただし、建築基準法(昭和25年法律第201号)第42条第1項第5号及び茨城県建築基準法等施行細則(昭和45年茨城県規則第9号)第9条の規定に基づき築造された道路については、その指定を受けた後3年を経たものであること。

(1) 路面が良好で道路管理に支障を生じない状態にあること。

(2) 道路幅員4メートル以上であること。

(3) 道路の交差箇所に支障のない程度の隅切があること。

(4) 路面排水が可能なこと。

(5) 分筆登記を完了し、所有権移転の登記ができる状態(所有権以外の権利の設定がないもの)にあること。

(6) 境界が明確なこと。

(7) 市長が特に必要と認めたもの

(関係法令等により築造された路線の認定条例)

第4条 都市計画法(昭和43年法律第100号)、土地区画整理法(昭和29年法律第119号)又は土地改良法(昭和24年法律第195号)等の規定に基づき築造された道路であること。

(緩和)

第5条 築造時期が昭和46年3月15日(都市計画法による線引き)以前のもので、現に一般交通の用に供されている道路等については、前条に定める条件以下であっても受け入れすることができる。

(審査会)

第6条 私道の受入認定の適正を図るためかすみがうら市私道受入認定審査会(以下「審査会」という。)を置く。

2 審査会の審査事項は、次のとおりとする。

(1) 私道の受入認定に関すること。

(2) その他必要と認めること。

3 審査会は、次の各号に掲げる者をもって組織し、副市長を会長とする。ただし、会長に事故があるとき、又は欠けたときは土木部長がその職務を代理する。

(1) 副市長

(2) 都市産業部長

(3) 建設部長

(4) 政策経営課長

(5) 総務課長

(6) 都市整備課長

(7) 農林水産課長

(8) 道路課長

(審査会の開催)

第7条 審査会は、必要に応じ会長が招集し、その議長となる。

(庶務)

第8条 審査会の庶務は、建設部道路課において処理する。

(その他)

第9条 この告示の実施に関し必要な事項は、審査会が定める。

附 則

この告示は、平成17年3月28日から施行する。

附 則(平成19年3月27日告示第101号)

(施行期日)

1 この告示は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月27日告示第103号)

この告示は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月8日告示第83号)

この告示は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月31日告示第21号)

この告示は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月31日告示第19号)

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月30日告示第41号)

この告示は、平成30年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月29日告示第28号)

この告示は、平成31年4月1日から施行する。

画像

かすみがうら市私道の受け入れ認定要項

平成17年3月28日 告示第167号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第11編 設/第1章
沿革情報
平成17年3月28日 告示第167号
平成19年3月27日 告示第101号
平成19年3月27日 告示第103号
平成24年3月8日 告示第83号
平成26年3月31日 告示第21号
平成27年3月31日 告示第19号
平成30年3月30日 告示第41号
平成31年3月29日 告示第28号