○かすみがうら市社会教育指導員規則

平成17年3月28日

教育委員会規則第20号

(趣旨)

第1条 この規則は、社会教育の振興と充実強化を図るため、社会教育指導員(以下「指導員」という。)の設置に関し必要な事項を定めるものとする。

(身分)

第2条 指導員は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項の規定による非常勤の特別職とする。

(委嘱)

第3条 指導員は、社会教育行政に適すると認められる者の内から、教育委員会が委嘱する。

2 指導員の任期は、1年とする。ただし、年度の途中において委嘱された者の任期は、委嘱の日から当該年度の末日までとする。

3 指導員は、再任することができる。

(定数)

第4条 指導員の定数は、3人以内とする。

(職務)

第5条 指導員は、教育委員会の委嘱する特定分野についての直接指導、学習相談又は社会教育団体の育成等に当たるものとする。

(服務)

第6条 指導員は、相互に連絡し協力しなければならない。

2 指導員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。

3 指導員は、その職務遂行に当たっては、この規則に定めるほか関係法令を遵守し、かつ、職務上の指示に従わなければならない。

4 指導員は、その職の信用を傷つけ、又はその職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

(研修)

第7条 指導員は、その職を行う上に必要な知識及び技術修得に努めなければならない。

(勤務時間等)

第8条 指導員の勤務時間は、原則として週20時間とする。ただし、かすみがうら市の休日を定める条例(平成17年かすみがうら市条例第2号)に規定する休日には、特に勤務することを命ぜられる場合を除き、勤務することを要しない。

(退職)

第10条 指導員は、任期中に退職しようとするときは、原則として退職する日の1月前に教育委員会にその旨書面で申し出、承認を得なければならない。

(解任)

第11条 教育委員会は、指導員が次のいずれかに該当するときは、解任することができる。

(1) 故意又は過失により市に損害を与えたとき。

(2) 心身の故障のため職務遂行に支障があるとき。

(3) 勤務状況が不良のとき。

(4) 指導員として適格性を欠いたとき。

(5) 第6条の規定に違反したとき。

(災害補償)

第12条 指導員の公務上の災害及び通勤による災害については、労働者災害保険法(昭和22年度法律第50号)又は市町村非常勤職員の公務災害補償等に関する条例(昭和50年茨城県市町村総合事務組合条例第27号)に定めるところにより補償するものとする。

(委任)

第13条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

この規則は、平成17年3月28日から施行する。

附 則(平成22年6月25日教委規則第3号)

この規則は、平成22年7月1日から施行する。

かすみがうら市社会教育指導員規則

平成17年3月28日 教育委員会規則第20号

(平成22年7月1日施行)

体系情報
第12編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成17年3月28日 教育委員会規則第20号
平成22年6月25日 教育委員会規則第3号