○かすみがうら市青少年相談員設置規則

平成17年3月28日

教育委員会規則第27号

(趣旨)

第1条 この規則は、青少年の保護育成活動を活発に推し進めるため設置する青少年相談員に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置及び定数)

第2条 かすみがうら市に青少年相談員40人以内を置き、任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。

2 補欠により就任した青少年相談員の任期は、前任者の残任期間とする。

3 青少年相談員は、非常勤とする。

4 青少年相談員は、教育委員会が委嘱する。

(任務)

第3条 青少年相談員は、次の任務を行う。

(1) 青少年の実態を把握し、青少年問題の相談に応じ、その解決に努めること。

(2) 青少年団体の指導、組織化その他運営について助言する。

(3) 非行青少年の発見に努め、関係各機関と密接に連絡し、必要に応じその青少年及び家庭を指導すること。

(4) 地域における組織化及び活動の促進を図り、青少年対策とその推進については、その中核として積極的に活動するとともに関係機関の行う任務についても協力すること。

(5) その他必要なこと。

(身分証明書の携行義務)

第4条 青少年相談員は、その任務の遂行に当たっては、常に青少年相談員の証(別記様式)を携行しなければならない。

附 則

この規則は、平成17年3月28日から施行する。

附 則(平成24年3月8日教委規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

かすみがうら市青少年相談員設置規則

平成17年3月28日 教育委員会規則第27号

(平成24年3月8日施行)

体系情報
第12編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成17年3月28日 教育委員会規則第27号
平成24年3月8日 教育委員会規則第2号