○かすみがうら市立学校施設開放規則

平成17年3月28日

教育委員会規則第31号

(趣旨)

第1条 この規則は、かすみがうら市における社会体育振興を図るため、かすみがうら市教育委員会(以下「教育委員会」という。)の所管に属する学校施設及び設備を学校教育に支障のない範囲で、定期的・継続的に市民の使用に供すること(以下「学校施設の開放」という。)に関して必要な事項を定めるものとする。

(使用施設等)

第2条 学校施設の開放に供する施設は、市立学校の屋内体育施設及び屋外体育施設並びに附帯する設備及び備品(以下「施設等」という。)とする。

(使用時間)

第3条 前条に規定する施設等の使用時間は、別表のとおりとする。ただし、教育委員会が特に必要があると認めたときは、これを変更することができる。

(使用対象)

第4条 学校施設の開放の対象は、かすみがうら市公の施設の使用料等に関する条例(平成29年かすみがうら市条例第43号。以下「使用料条例」という。)第5条第2号及び第6号の規定に該当する団体とする。ただし、教育委員会が特に認める場合は、この限りでない。

(使用料の納付等)

第5条 学校施設の開放に係る使用料は、かすみがうら市公の施設の使用料等に関する条例施行規則(平成29年かすみがうら市規則第3号)第2条の規定によりこれを免除する。ただし、第4条ただし書きの規定により施設等を使用するときの使用料の納付、免除等に必要な手続きは、かすみがうら市体育施設条例施行規則(平成17年かすみがうら市教育委員会規則第30号)の例による。

(使用責任者)

第6条 施設等の開放を適切に行うために、施設等を使用しようとする団体は、使用責任者を置かなければならない。

2 使用責任者は、20歳以上の者でなければならない。

3 使用責任者は、教育委員会の指示を受け、施設等の保全及び使用者の安全確保並びに使用者の危険防止の指導に当たるものとする。

(使用の申請)

第7条 施設等を使用しようとする団体は、一定期間ごとに教育委員会が定める日から使用予定日の5日前までにかすみがうら市学校施設使用許可申請書(様式第1号)を教育委員会に提出しなければならない。

(使用の許可)

第8条 教育委員会は、使用の許可をしたときは、かすみがうら市学校施設使用許可書(様式第2号)を申請者に交付するものとする。

(使用の制限)

第9条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当する場合は、施設等の使用を許可しない。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 施設等を損傷するおそれがあると認められるとき。

(3) その他教育委員会が特に必要と認めたとき。

(使用の取消し)

第10条 教育委員会は、使用者が次の各号のいずれかに該当した場合は、使用許可を取り消し、又は行為の中止を命ずることができる。

(1) この規則に違反したとき。

(2) 使用許可の目的又は条件に違反したとき。

(3) その他教育委員会が必要と認めたとき。

2 前項の場合において、使用許可の取消し又は行為の中止によって申請者が損害を受けても、教育委員会はその責めを負わない。

(原状回復の義務)

第11条 使用者は、施設等の使用を終了したときは、直ちに原状を回復しなければならない。

2 前条の規定により施設等の使用許可の取消し又は行為の中止を命ぜられた場合も、同様とする。

(使用者の賠償責任)

第12条 使用者は、施設等を故意又は過失によって破損若しくは亡失したときは、これによって生じた損害を賠償しなければならない。

(その他)

第13条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育長が定める。

附 則

この規則は、平成17年3月28日から施行する。

附 則(平成29年3月31日教委規則第6号)

(施行日)

1 この規則は、平成29年4月1日から施行する。

(かすみがうら市立学校施設開放規則の一部改正に伴う経過措置)

6 この規則の施行の日の前日までに、第5条の規定による改正前のかすみがうら市立学校施設開放規則の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、使用料に関する事項を除き、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

別表(第3条関係)

施設区分

使用日

使用時間

屋外体育施設

学校休業日

9時から17時まで

学校休業日以外の日

 

屋内体育施設

学校休業日

9時から22時まで

学校休業日以外の日

19時から22時まで

画像

画像

かすみがうら市立学校施設開放規則

平成17年3月28日 教育委員会規則第31号

(平成29年4月1日施行)