○かすみがうら市職員互助会に関する条例

平成19年3月27日

条例第4号

(目的及び設置)

第1条 地方公務員法(昭和25年法律第261号。以下「法」という。)第42条の規定に基づき、職員相互の共済、保健、元気回復、その他厚生に関する事項を実施することを目的として、かすみがうら市職員互助会(以下「互助会」という。)を設置する。

(組織)

第2条 互助会は、かすみがうら市職員(以下「職員」という。)をもって組織する。

(経費)

第3条 職員は、互助会の運営に充てるため、互助会費を負担するものとする。

2 市は、互助会の事業を助成するため、毎年度予算の範囲内において、補助金を交付するものとする。

(市長の権限)

第4条 市長は、互助会の業務を監督し、必要な事項について報告を求めることができる。

(事務の従事)

第5条 市長は、互助会の運営に必要な範囲内において、職員を互助会の事務に従事させることができる。

(便宜の供与)

第6条 市は、市の管理に係る施設を無償で互助会の利用に供することができる。

(委任)

第7条 この条例の施行について必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

かすみがうら市職員互助会に関する条例

平成19年3月27日 条例第4号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第5編 事/第4章 職員厚生
沿革情報
平成19年3月27日 条例第4号