○かすみがうら市ふるさと応援寄附要綱

平成20年8月1日

告示第125号

(目的)

第1条 この告示は、本市に対して応援や貢献を望んでいる方々からの寄附金を財源として、その想いに応える事業に活用し、夢と希望を持てる個性豊かなまちづくりを進めていくことを目的とする。

(寄附の受入れ)

第2条 寄附をしようとする者(以下「寄附申込者」という。)は、寄附申込書(様式第1号)又はインターネット上の申込みフォームにより、寄附の申込みをするものとする。ただし、インターネット上の申込みフォームその他の方法によって寄附申込者の意思を確認できる場合は、寄附申込書の提出を省略することができる。

2 市長は、寄附申込者から前項に規定する寄附申込書の提出があった場合において、当該寄附の受入れを承諾したときは、寄附申込者に対し寄附受入書(様式第2号)を通知するものとする。

(事業の区分)

第3条 寄附金を有効に活用するための事業は、かすみがうら市総合計画の基本施策に掲げる基本目標等を踏まえ、市長が別に定めるものとする。

(寄附金の使途指定)

第4条 寄附申込者は、前条各号に掲げる事業のうちから、自らの寄附金の使途を指定することができる。

2 前項に規定する使途の指定が無い寄附金については、市長がその使途の指定を行うものとする。

第5条 市長は、寄附金を受領したときは、寄附金を寄附した者(以下「寄附者」という。)に対し速やかに寄附金受領証明書(様式第3号)を交付するものとする。

(寄附金の管理)

第6条 寄附金は、一般会計の歳入として受け入れ、第3条各号に規定する事業に要する費用に充当するものとする。また、市長が特に必要と認めたときは、かすみがうら市地域づくり基金に積み立てることができるものとする。

2 寄附金の適正な管理を図るため、寄附金台帳(様式第4号)を作成するものとする。

(寄附者への配慮)

第7条 市長は、寄附金の処分に当たっては、寄附者の意向が反映されるよう十分配慮しなければならない。

2 市長は、寄附金の処分を行ったときは、寄附者に対し、寄附金を活用した事業への充当結果を報告するものとする。

(運用状況の公表)

第8条 市長は、この寄附金の運用状況について、毎年度公表するものとする。

(補則)

第9条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成20年8月1日から施行し、平成20年6月1日から適用する。

附 則(平成22年1月29日告示第44号)

この告示は、平成22年3月1日から施行する。

附 則(平成24年1月31日告示第78号)

この告示は、平成24年2月1日から施行する。

附 則(平成26年3月31日告示第21号)

この告示は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月31日告示第19号)

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成27年5月15日告示第47号)

この告示は、平成27年7月1日から施行する。

附 則(平成30年3月30日告示第51号)

この告示は、平成30年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

かすみがうら市ふるさと応援寄附要綱

平成20年8月1日 告示第125号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第7編 政/第5章 財産管理
沿革情報
平成20年8月1日 告示第125号
平成22年1月29日 告示第44号
平成24年1月31日 告示第78号
平成26年3月31日 告示第21号
平成27年3月31日 告示第19号
平成27年5月15日 告示第47号
平成30年3月30日 告示第51号