○かすみがうら市チャイルドシート貸付規則

平成24年2月29日

規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は、かすみがうら市財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例(平成17年かすみがうら市条例第59号)第7条の規定に基づき、チャイルドシート(道路交通法(昭和35年法律第105号)第71条の3第3項の規定による幼児用補助装置をいう。以下同じ。)を貸し付けることに関し必要な事項を定めるものとする。

(貸付対象者)

第2条 チャイルドシートの貸付対象者は、本市に住所を有し、かつ、6歳未満の乳幼児を養育している保護者とする。ただし、市長が特に必要と認める場合は、この限りでない。

(貸付期間)

第3条 チャイルドシートの貸付期間は、2年以内とする。ただし、必要に応じて延長することができる。

(貸付の許可)

第4条 チャイルドシートの貸付を申請しようとする者(以下「申請者」という。)は、チャイルドシート貸付(貸付延長)申請書(様式第1号)。以下「申請書」という。)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の規定による申請書の提出があった場合は、速やかに内容を審査し、貸付を許可するときは、チャイルドシート貸付(貸付延長)許可書(様式第2号)を申請者に交付して貸し付けるものとする。

(貸付台数)

第5条 チャイルドシートの貸付台数は、1世帯につき1台とする。ただし、市長が特に必要と認める場合は、この限りでない。

(使用料)

第6条 チャイルドシートの貸付は、無料とする。

(借用者の遵守事項)

第7条 チャイルドシートの貸付を受けた者(以下「借用者」という。)は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 備付の取扱説明書等を熟読し、正しい取付けを行うこと。

(2) チャイルドシートを故意に汚損しないこと。

(3) チャイルドシートを転貸し、又は目的外に使用しないこと。

(4) チャイルドシートを返却する場合は、クリーニングすること。

(5) チャイルドシートの使用中における事故等については、借用者の責任で処理すること。

(貸付の取消し)

第8条 市長は、借用者が第2条に規定する貸付対象者として用件を欠いたとき、又は前条第2号及び第3号に規定する貸付の条件に違反したと認めるときは、チャイルドシートの貸付を取消したのち、返却させることができる。

2 前条第4号の規定は、前項の規定による貸付の取消しの場合について準用する。

(損害賠償の義務)

第9条 借用者が故意又は過失によりチャイルドシートを損傷し、又は紛失したときは、それによって生じた損害を賠償しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めたときは、この限りでない。

(台帳の整備)

第10条 市長は、貸付の状況を明確にするため、チャイルドシート貸付台帳(様式第3号)を整備するものとする。

(委任)

第11条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

かすみがうら市チャイルドシート貸付規則

平成24年2月29日 規則第3号

(平成24年4月1日施行)