○かすみがうら市防災士育成事業補助金交付要綱

平成26年3月31日

告示第16号

(趣旨)

第1条 この告示は、市民の防災意識の高揚及び地域防災力の向上を図るため、防災士の資格の取得に要する経費に対し、予算の範囲内で補助金を交付することに関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この告示において「防災士」とは、自助・共助・協働を原則として、地域社会の様々な場で減災と地域防災力向上のための活動が期待され、かつ、そのための十分な意識・知識・技能を有するものとして、特定非営利活動法人日本防災士機構が認定した資格をいう。

(補助対象者)

第3条 補助金の交付の対象となる者は、次に掲げるすべての要件を満たすものとする。

(1) 市内に住所を有する者

(2) 茨城県が実施するいばらき防災大学(以下「講座」という。)を受講する者のうち防災士を取得しようとするもの

(3) 行政区、自治会又は自主防災組織(以下「行政区等」という。)から推薦を得た者

(4) 防災士を取得後、防災リーダーとして市内の行政区等で活動する意思のある者

(5) 防災士の取得に関した助成制度による財政的支援を受けていない者

(補助金の額等)

第4条 補助金の額は、講座の教材代、防災士資格取得試験受験料及び防災士認証登録料とする。

2 補助金の交付は、1人につき1回限りとし、11,000円を上限とする。

(補助金の交付申請)

第5条 補助金の交付の申請をしようとする者(以下「申請者」という。)は、講座を受講する10日前までにかすみがうら市防災士育成事業補助金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(1) 講座を受講することを確認できる書類

(2) 前条第1項に規定する経費を確認できる書類

(3) 推薦書(様式第2号)

(補助金の交付決定)

第6条 市長は、前条の規定による申請があったときは、その内容を審査し、補助金の交付の決定をしたときは、かすみがうら市防災士育成事業補助金交付決定通知書(様式第3号)により申請者に通知するものとする。

(実績報告)

第7条 前条の規定による交付決定を受けた者(以下「補助事業者」という。)は、防災士資格取得試験(以下「試験」という。)が終了したときは、速やかにかすみがうら市防災士育成事業補助金実績報告書(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

(確定通知)

第8条 市長は、前条の実績報告書の提出があった場合は、速やかに内容を審査し、補助金の額を確定し、試験の結果が合格のときはかすみがうら市防災士育成事業補助金確定通知書(様式第5号)により、試験の結果が不合格のときはかすみがうら市防災士育成事業補助金交付決定取消通知書(様式第6号)により補助事業者に通知するものとする。

(補助金の請求)

第9条 補助事業者は、前条の確定通知書を受けたときは、かすみがうら市防災士育成事業補助金交付請求書(様式第7号)により市長に補助金の交付を請求するものとする。

(補助金の返還)

第10条 市長は、補助事業者が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、当該補助事業者に補助金の返還を命じることができる。

(1) 虚偽の申請等、不正な手段により補助金の交付を受けたとき。

(2) 前号に掲げるもののほか、この告示に定める事項に違反したとき。

(その他)

第11条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成26年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

かすみがうら市防災士育成事業補助金交付要綱

平成26年3月31日 告示第16号

(平成26年4月1日施行)