○かすみがうら市NET119緊急通報システムの利用に関する要綱

平成28年3月31日

消防本部告示第1号

(目的)

第1条 この告示は、かすみがうら市NET119緊急通報システムの利用について、必要な事項を定めることを目的とする。

(定義)

第2条 この告示において「かすみがうら市NET119緊急通報システム」(以下「NET119」という。)とは、聴覚機能又は言語機能等に障害を有する者が、自らが保有するインターネット端末(インターネットを利用することができる携帯電話機、電子計算機等の通信機器をいう。以下同じ。)を利用して、茨城消防救急無線・指令センター運営協議会が設置する通信指令施設への緊急通報を行うシステムをいう。

(対象者)

第3条 NET119を利用することができる者は、本市に居住し、かつ、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項に規定する身体障害者手帳(以下「手帳」という。)を有する者で、聴覚若しくは平衡機能の障害又は音声機能、言語機能若しくはそしゃく機能の障害による言語機能に障害を有する者

(2) 手帳を有する者で、脳性麻痺による構音障害を有する者

(3) 前2号に掲げる者と同等の障害を有すると市長が認める者

(登録の申請)

第4条 NET119を利用しようとする者(以下「申請者」という。)は、かすみがうら市NET119緊急通報システム利用登録申請書(様式第1号。以下「利用登録申請書」という。)を市長に提出するものとする。

(登録)

第5条 市長は、前条の規定による申請があったときは、その内容を審査し、適当と認めるときは、当該申請者の情報をシステムに登録するものとする。

(変更等の届出)

第6条 前条の規定による登録を受けた者(以下「登録者」という。)は、次の各号のいずれかに該当するときは、かすみがうら市NET119緊急通報システム利用登録変更届出書(様式第2号)を市長に提出するものとする。

(1) 利用登録申請書に記載した事項に変更が生じたとき。

(2) システムの利用を中止するとき。

(3) 利用するインターネット端末を交換したとき。

(利用料)

第7条 NET119の利用料は、無料とする。ただし、NET119の登録及び利用に伴う通信費用は、登録者の負担とする。

(記録及び報告)

第8条 消防長は、NET119の利用により緊急出動をしたときは、かすみがうら市NET119緊急通報システム出動台帳(様式第3号。以下「出動台帳」という。)にその内容を記録するとともに、必要に応じて市長に報告するものとする。

2 出動台帳は、消防本部において保管し、及び管理するものとする。

(補則)

第9条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成28年4月1日から施行する。

(準備行為)

2 前項の規定にかかわらず、この告示の施行の日(以下「施行日」という。)以後のNET119の利用に係る登録の申請その他の手続は、施行日前においても、第4条から第6条までの規定の例により行うことができる。

画像

画像

画像

かすみがうら市NET119緊急通報システムの利用に関する要綱

平成28年3月31日 消防本部告示第1号

(平成28年4月1日施行)