○かすみがうら市歴史博物館の設置及び管理に関する条例

平成28年9月30日

条例第38号

(設置)

第1条 市民の教育、学術及び文化の発展に寄与するため、博物館法(昭和26年法律第285号。以下「法」という。)第18条の規定に基づき、博物館を設置する。

(名称及び位置)

第2条 博物館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

かすみがうら市歴史博物館

かすみがうら市坂1029番地1

2 博物館に次の施設を置き、その名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

かすみがうら市歴史博物館研修施設

かすみがうら市坂1029番地1

かすみがうら市歴史博物館帆引き船展示施設

かすみがうら市坂1029番地1

(事業)

第3条 かすみがうら市歴史博物館(以下「博物館」という。)は、次に掲げる事業を行う。

(1) 本市に係る人間の生活及び文化に関する歴史、民俗等の資料の収集、保管、展示

(2) 本市に係る人間の生活及び文化に関する調査及び研究

(3) 前2号に掲げるもののほか、目的を達成するために必要な事業

(職員)

第4条 博物館に館長及び学芸員を置く。

2 博物館に、前項に掲げるもののほか、学芸員補その他必要な職員を置くことができる。

(休館日)

第5条 博物館の休館日は、次に掲げるとおりとする。ただし、かすみがうら市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が必要と認める場合は、これを変更し、又は臨時に休館日を設けることができる。

(1) 月曜日(その日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第3条各項に掲げる休日(以下「休日」という。)に当たるときは、その日後においてその日に最も近い休日でない日)ただし、その日が次号又は第3号に掲げる日に当たる場合を除く。

(2) 休日の翌日(その日が日曜日、土曜日又は休日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い日曜日、月曜日、土曜日及び休日でない日)ただし、その日が次号に掲げる日に当たる場合を除く。

(3) 12月28日から翌年の1月1日までの日

(開館時間)

第6条 博物館の開館時間は、午前9時から午後4時30分までとする。ただし、教育委員会が必要と認める場合は、これを変更することができる。

(入館料)

第7条 博物館の入館料は、別表に定めるところによる。ただし、期間を定めて特別な展示をする場合の入館料は、1人につき1,100円以内で別に定めることができる。

2 入館しようとする者に対し特に必要があると認める場合は、前項の規定に基づく入館料を免除することができる。

(入館の拒否等)

第8条 教育委員会は、博物館を利用する者が次のいずれかに該当する場合は、入館を拒否し、又は退館を命ずることができる。

(1) 展示若しくは保管してある博物館資料(法第2条第3項に規定する博物館資料をいう。以下同じ。)又は施設若しくは設備を損傷するおそれがあると認められるとき。

(2) 博物館の秩序又は公益を害するおそれがあると認められるとき。

(3) 教育委員会の指示に従わないとき。

(4) 前3号に掲げる場合のほか、管理上支障があると認められるとき。

(損害賠償)

第9条 博物館の施設、設備、博物館資料等を損傷し、又は滅失した者は、教育委員会の指示するところに従ってこれを原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(博物館協議会)

第10条 法第20条の規定に基づき、博物館の適正な運営を図るため、かすみがうら市歴史博物館協議会(以下「協議会」という。)を置く。

(委員)

第11条 協議会は、委員8人以内をもって組織する。

2 委員は、学校教育並びに社会教育の関係者及び学識経験のある者の中から教育委員会が任命する。

(任期)

第12条 委員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

2 委員が欠けた場合における補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長及び副会長)

第13条 協議会に会長及び副会長各1人を置く。

2 会長及び副会長は、委員の互選による。

3 会長は、協議会を代表し、会務を総括する。

4 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるとき、又は会長が欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第14条 協議会は、必要に応じて会長が招集し、会議の議長となる。ただし、委員の任命後最初に開かれる協議会は、教育長が招集する。

2 協議会は、委員の半数以上の出席がなければ会議を開くことができない。

3 会議の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(委任)

第15条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成29年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、かすみがうら市郷土資料館の設置及び管理に関する条例を廃止する条例(平成28年かすみがうら市条例第37号)による廃止前のかすみがうら市郷土資料館の設置及び管理に関する条例(平成17年かすみがうら市条例第81号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

(かすみがうら市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正)

3 かすみがうら市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(平成17年かすみがうら市条例第43号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

(かすみがうら市議会の議決に付すべき公の施設の利用及び廃止に関する条例の一部改正)

4 かすみがうら市議会の議決に付すべき公の施設の利用及び廃止に関する条例(平成17年かすみがうら市条例第60号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

(かすみがうら市水族館の設置及び管理に関する条例の一部改正)

5 かすみがうら市水族館の設置及び管理に関する条例(平成19年かすみがうら市条例第24号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

(かすみがうら市公共施設の暴力団等排除に関する条例の一部改正)

6 かすみがうら市公共施設の暴力団等排除に関する条例(平成19年かすみがうら市条例第33号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附 則(令和元年6月28日条例第16号)

この条例は、令和元年10月1日から施行する。

別表(第7条関係)

区分

入館料(1人につき)

個人

団体

(20人以上)

水族館と併せて入館する者

個人

団体

(20人以上)

一般

220円

160円

170円

130円

小学生・中学生

110円

50円

80円

40円

かすみがうら市歴史博物館の設置及び管理に関する条例

平成28年9月30日 条例第38号

(令和元年10月1日施行)