○かすみがうら市成婚定住奨励金交付要綱

平成28年10月31日

告示第104号

(趣旨)

第1条 この告示は、人口減少の緩和及び定住促進に資するため、かすみがうら市婚活支援推進事業(以下「婚活支援事業」という。)に参加し、婚姻をした夫婦に対し、予算の範囲内でかすみがうら市成婚定住奨励金(以下「奨励金」という。)を交付することについて、必要な事項を定めるものとする。

(交付対象者)

第2条 奨励金の交付対象者は、次の要件を満たす夫婦とする。

(1) 婚活支援事業に参加した者同士の夫婦

(2) 婚姻後5年以上継続して本市に住所を置くことを誓約した夫婦

(3) 奨励金の交付申請時に市内に住民登録をしている夫婦

(4) かすみがうら市税に滞納がない夫婦(課税されている場合に限る。)

(5) この告示に基づく奨励金の支給を受けたことのない者

(奨励金の額)

第3条 奨励金の額は、1組10万円とする。

(交付の申請)

第4条 奨励金の交付の申請をしようとする夫婦(以下「申請者」という。)は、かすみがうら市成婚定住奨励金交付申請書及び誓約書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて、夫婦連名により市長に提出しなければならない。

(1) 住民票謄本の写し(本籍及び続柄の記載のあるもの)

(2) かすみがうら市税に滞納がないことを証する書類(課税されている場合に限る。)

(3) その他市長が必要と認める書類

(交付決定)

第5条 市長は、前条の規定による申請があったときは、申請内容を審査し、奨励金を交付することを決定したときは、かすみがうら市成婚定住奨励金交付決定通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

2 市長は、前項の規定による審査の結果、奨励金を交付しないことを決定したときは、かすみがうら市成婚定住奨励金不交付決定通知書(様式第3号)により申請者に通知するものとする。

(奨励金の請求)

第6条 前条第1項の規定による奨励金の交付決定を受けた夫婦が、奨励金の交付を受けようとするときは、かすみがうら市成婚定住奨励金交付請求書(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

2 前項に規定する請求は、夫又は妻のいずれか一方が代表して行うものとする。

(交付決定の取消し等)

第7条 市長は、奨励金の交付を受けた夫婦が次のいずれかに該当すると認めたときは、奨励金の交付決定の全部又は一部を取り消し、交付した奨励金について期限を定めて返還を命ずることができる。

(1) 婚姻後5年以内に市外に転出したとき。

(2) 申請者が偽りその他不正の手段により奨励金の交付を受けたとき。

(3) この告示に定める事項に違反し、又は市長の指示に従わないとき。

2 市長は、前項の規定により奨励金の返還を命ずるときは、かすみがうら市成婚定住奨励金返還命令書(様式第5号)により、対象者に通知するものとする。

(申請の期限)

第8条 第4条の規定による申請の期限は、申請者が参加した婚活支援事業が行われた日の属する年度の初日から起算して5年間とする。

(補則)

第9条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成28年10月31日から施行する。

(経過措置)

2 この告示による奨励金の交付は、平成28年7月30日以後の婚活支援事業に参加した者を対象とする。

画像

画像

画像画像

画像

画像

かすみがうら市成婚定住奨励金交付要綱

平成28年10月31日 告示第104号

(平成28年10月31日施行)