読み上げる
  1. ホーム
  2. 健康・福祉>
  3. 保険・年金・医療福祉制度>
  4. 令和3年度 医療福祉制度の改正(「小児」対象者拡大)

令和3年度 医療福祉制度の改正(「小児」対象者拡大)

かすみがうら市医療福祉費支給制度(マル福)の一部改正について

今回の改正によって、令和3年10月1から、
0歳~年度末年齢18歳(※1)の方が
「医療機関等での自己負担(2~3割)実質無料化(※2)」となります

※1:「年度末年齢18歳」とは、18歳に達した日以後の最初の3月31日のこと
※2:「実質無料」とは、マル福外来自己負担600円(入院は1日300円)については、いったん医療機関等窓口でお支払いいただくが、後日、登録した金融機関口座に振り込まれることで、最終的に自己負担が無料になるということ(マル福による助成)


▼今回の制度改正の内容
◎実施時期:令和3年10月1日(金) (※令和3年10月診療分からが対象)
(1)「小児」マル福において、
 ・現在0歳~中学3年生まで助成している「外来・調剤」を、年度末年齢18まで拡大
 ・入院・外来にかかる自己負担金の助成についても、年度末年齢18歳まで拡大
 ・マル福の認定の際の所得制限は無し
(2)0歳~年度末年齢18歳の方について、いったん医療機関などの窓口で支払った外来・入院の自己負担分を後日登録口座に振り込みます
 「小児」及び「ひとり親家庭」マル福を受給している0歳~年度末年齢18歳の方が対象になります
◎今回申請が必要な方(年度末年齢16~18歳)には案内通知を保護者様に送付します

▼医療福祉支給制度(マル福)とは
 健康保険で医療機関などにかかった保険診療が適用された医療費の一部負担金を助成する制度です

▼助成を受けた場合の自己負担金
◎外来:1日600円(医療機関ごとに月2回まで)
◎入院:1日300円(医療機関ごとに月3,000円を限度)
◎調剤薬局:自己負担なし
※0歳~年度末年齢18歳の小児・ひとり親家庭の方は、いったん負担した外来・入院の自己負担金を受診から約3ヵ月後に助成します
※外来等自己負担金が600円未満の場合、市窓口で支給申請が必要になる場合があります

▼対象者への通知
◎発送対象者:今回改正対象者(年度末年齢16~18歳)
◎発送時期 :令和3年8月上旬(予定)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは国保年金課です。

千代田庁舎 〒315-8512 かすみがうら市上土田461

電話番号:(代表)0299-59-2111 / 029-897-1111 (直通)0299-56-2306

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2021年6月18日0時0分