読み上げる
  1. ホーム
  2. 就労・産業・まちづくり>
  3. 就労・産業・まちづくりのお知らせ>
  4. 高収益作物次期作支援交付金のご案内(第4次公募)

高収益作物次期作支援交付金のご案内(第4次公募)

高収益作物次期作支援交付金のご案内(第4次公募)

◎高収益作物次期作支援交付金とは

  令和3年1月から3月に発令された新型コロナウイルス感染症のまん延防止のための緊急事態宣言に伴う影響により売上減少の影響を受けた高収益作物について、次期作に前向きに取り組む農業者を支援するための国の交付金事業です。令和2年度に同交付金を受けた方も、申請することができます。なお、このご案内は事業の概要を説明したものです。記載のほかにも要件がありますので、詳細は農林水産省(https://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/engei/210331.html)のホームページでご確認ください。

◎支援対象品目

1.切り花(切り枝、切り葉、球根類、鉢もの類、盆栽類、花壇用苗もの類、花木、植木、芝、地被植物類等は除きます)
2.メロン
3.つまもの類(わさび・穂じそ等)
4.香酸カンキツ(すだち、かぼす、ゆず等)

つまもの類の対象品目一覧
芽ねぎ ハーブ類 たで
花穂・穂じそ 菊花 菊葉
エディブルフラワー ベルローズ 木の芽(さんしょう)
マイクロトマト 食用ほおずき ぼうふう
芽しそ 大葉  わさび

◎支援対象者(※いずれの要件も満たすこと)

1.令和3年1月から3月の間に支援対象品目について、出荷実績がある又は廃棄等により出荷できなかった農業者
2.令和3年1月から3月の支援対象品目の売上が、基準年(前々年もしくは平年)の同時期より減少した農業者
    ※基準年:平成31年1月~3月
    ※平年   :平成29年~平成31年の1月~3月の平均
3.収入保険に加入している、又は加入に向けて今後共済組合と保険設計の相談等を行う農業者

◎支援内容

   支援対象期間(令和3年1月から3月)に売上げが減少した支援対象品目の作付面積のうち、同期間中に出荷した又は廃棄等により出荷できなかったほ場の面積を上限として、高収益作物(野菜、花き、果樹、茶)の次期作に向けた取組みを、令和3年4月1日から令和4年3月31日までに2つ以上実施したほ場の面積に基づき、以下の単価により支援します。
1.基本単価:10a当たり5万円
2.施設栽培のうち高集約型品目の単価
・施設栽培の花き、大葉及びわさび:10a当たり80万円
・施設栽培のマンゴー、おうとう及びぶどう:10a当たり25万円
※対象施設:加温装置(空調装置)又はかん水装置がある施設

 

◎今回の公募での主な変更点

1.支援対象期間は、緊急事態宣言が発令された令和3年1月から3月
2.支援対象となる面積は、支援対象品目のうち令和3年1月から3月に出荷実績がある又は廃棄等により出荷できなかったほ場の合計面       積(当該期間の出荷実績に相当する面積)が上限
3.交付額は、支援対象品目に係る令和3年1月から3月の農業者の減収額の8割が上限
4.収入保険加入者は、収入保険の保険金を算定する際に本交付金の交付額を収入として計上
5.収入保険の未加入者は、加入に向けて共済組合と保険設計の相談等を行うことが要件

◎提出(必要)書類

1.令和3年1月から3月に支援対象品目出荷したことが確認できる領収書、納品書又は出荷伝票等の一部(廃棄等により出荷できなかっ       た場合は、今年産の廃棄の理由を簡潔に記載した書面及び過去の出荷実績が確認できる資料)
2.令和3年度高収益作物次期作支援交付金申請書(別紙様式第6-1号)
3.取組計画書(別紙様式第6-2号)及び交付申請金額の計算表(参考様式)
4.申請ほ場が確認できる書類(農地基本台帳、作付計画台帳など)
    ※自作地のほか、農地法、農業経営基盤強化促進法、農地中間管理事業の推進に関する法律による貸借契約、又は特定農作業受委託      契約を結んでいるほ場のみが対象となります。口頭での相対による貸借ほ場は対象外です。
5.支援対象品目の前々年の同期間(平成31年1月~3月)もしくは平年(平成29年~平成31年のそれぞれ1月~3月)の売上げが確認できる書類
6.支援対象品目の令和3年1月から3月の売上げが確認できる書類

書類2及び3はかすみがうら市農林水産課に備え付けのほか
かすみがうら市のホームページからダウンロードできます。書類4は農業委員会又は農林水産課で取得してください。

◎提出期限

令和3年8月2日(月)必着(※国により延長される場合があります)

◎問合せ先及び提出先(土日・国民の祝日を除く8:30~17:15)

かすみがうら市農業再生協議会(かすみがうら市農林水産課内:霞ヶ浦庁舎)
〒300-0192 かすみがうら市大和田562  TEL029-897-1111

◎その他

1.次期作に向けた取組みの実施後に、実績報告書、取組を終えたことが確認できる書類(農薬等の購入伝票、作業日誌、作業時の写真         など)及び収入保険に加入していること又は加入に向けた具体的な検討を行ったことが確認できる書類を提出していただきます。
2.本交付金をはじめ、国の補助事業については、全く同一の取組に要する経費として複数の事業の補助を受けることは二重補助として
     禁止されています。ご確認のうえ、申請してください。
3.本交付金は税務申告上、雑収入に該当します。ただし、消費税の対象にはなりません。
4.国の事業であるため、内容が変更される場合があります。
5.農地情報や収入保険加入の確認など、関係機関と申請者情報を共有させていただく場合があります。
6.今回の書類提出をもって交付金の交付が約束されるわけではないことをご留意願います。

 

<添付書類>

令和3年度高収益作物次期作支援交付金申請書関係(別紙様式第6-1号)(様式別紙6-2号)(交付申請金額の計算表)
記入例(別紙様式第6-1号)(別紙様式第6-2号)(交付申請金額の計算表)

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農林水産課です。

霞ヶ浦庁舎 〒300-0192 かすみがうら市大和田562

電話番号:(代表)0299-59-2111 / 029-897-1111 (直通)029-886-3305

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2021年7月12日0時0分