読み上げる

子育て・健康・福祉

総合事業(介護予防・日常生活支援総合事業)

<目  的>

   介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業」)とは、要支援に認定された方や生活機能の低下が見られる65歳以上の方が利用できる「介護予防・生活支援サービス」と65歳以上のすべての方が利用できる「一般介護予防事業」とで構成され、高齢者の皆さまが住み慣れた地域で可能な限り、自立した生活を営むことができるよう支援することを目的としています。これはかすみがうら市が中心となって、介護予防訪問介護や介護予防通所介護に相当するサービスから、ボランティアなどの活用を含めた多様なサービスを地域の支え合いのもとに提供する事業となっています。

<サービスの流れ>

 

 

 『綜合事業の流れ』の画像

 

<サービス内容>

 

(1)介護予防・生活支援サービス事業

 

<対象者>

・要支援1,2の認定を受けた方

・基本チェックリストにより対象者と判定された方

 

<内  容>

〇介護予防ケアマネジメント

   地域包括支援センターの職員に相談し、サービスの種類や回数を決め、ケアプランを作成します

〇訪問型サービス

   自分ではできない日常生活上の行為がある場合に、ホームヘルパー等に自宅を訪問してもらい、調理や掃除、洗濯などの

   支援が受けられます。

〇通所型サービス

   通所介護施設で、食事・入浴などの基本的サービスや生活機能向上のための支援を受けることができます。

 

 

(2)一般介護予防事業

 

<対象者>

・65歳以上のすべての高齢者

 

<内  容>

 〇介護予防教室

   体操やヨガ、脳トレ、お口の清潔、栄養について学べる教室です。

 〇からだ改善教室

    肩痛、ひざ痛、腰痛の予防、改善を目的として、関節を柔軟に保つストレッチや筋力トレーニングを行います。

 〇シルバーリハビリ体操

   関節や動く範囲を広げたり、筋力をつけることを目的とした体操です。公民館や集落センターで定期的に開催しておりま

   す。

 

<総合事業についてのQ&A>

Q:総合事業を利用するにはどうすればいいですか?

A:まずは、地域包括支援センターまたは、介護長寿課、ケアマネジャーへご相談下さい

     心身の状態を確認したうえで、チェックリストにご回答下さい。その方に合ったサービスや支援を受けることができ

     ます。

Q:手すりなど付ける住宅改修や杖などを借りる福祉用具購入もこの総合事業の対象となるのか?

A:総合事業の対象になりません。利用希望については介護認定を受ける必要があります。

Q:「要介護」の人は総合事業を利用できますか?

A:要介護の人は利用することはできません。「要介護1~5」の方は介護保険(介護給付)によるサービスを利用

     できますので、ケアマネジャー等にご相談下さい。

 

 

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは介護長寿課です。

〒315-8512 かすみがうら市上土田461

電話番号:(代表)0299-59-2111 / 029-897-1111 (直通)0299-56-2312

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?