読み上げる

子育て・健康・福祉

【再掲】体罰等によらない子育てについて

子どもの権利が守られ、体罰のない社会を実現するため、令和2年4月1日から子どもへの体罰は法律で禁止されました。

子育ての中でこんなことがありませんか?

  • 言葉で3回注意したけど言うことを聞かないので、頬を叩いた
  • 大切なものにいたずらをしたので、長時間正座させた
  • 友だちを殴ってケガをさせたので、同じように子どもを殴った
  • 他人のものを取ったので、お尻を叩いた
  • 宿題をしなかったので、夕ご飯を与えなかった
  • 掃除をしないので、雑巾を顔に押しつけた
                                                       →これは全て体罰です。

  • 冗談のつもりで「お前なんか生まれてこなければよかった」など子どもの存在を否定するようなことを言った。
  • やる気を出させるという口実で、きょうだいを引き合いにしてけなした
                                                       →子どもの心を傷つける行為です。


    ※児童福祉法等改正法により、新たに規定された「体罰」の範囲やその禁止に関する考え方、体罰等によらない子育て推進策が示されました。
       詳しくは厚生労働省のホームページ等をご確認ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは子ども家庭課です。

〒315-8512 かすみがうら市上土田461

電話番号:(代表)0299-59-2111 / 029-897-1111 (直通)0299-56-2309

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?