読み上げる
  1. ホーム>
  2. 子育て・健康・福祉>
  3. 高齢者福祉>
  4. 地域包括支援センター>
  5. 地域包括ケアシステムの構築への取り組み

子育て・健康・福祉

地域包括ケアシステムの構築への取り組み

地域包括ケアシステムとは

  団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、高齢者が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、「住まい」「医療」「介護」「予防」「生活支援」が切れ目なく一体的に提供される体制のことです。
  この体制の実現のために、自助(介護予防への取り組みや健康寿命を伸ばすなどの自分自身のケア)、互助(家族や親戚、地域での暮らしの支え合い)、共助(介護保険・医療保険サービスなどの利用)、公助(生活困難者への対策として生活保護支給などを行う行政サービス)という考えに基づき、地域住民・介護事業者・医療機関・自治会・ボランティアなどが一体となり地域全体で取り組むことが求められています。

    『地域包括ケアシステム図』の画像

  市では、この地域包括ケアシステムの構築に向け、さまざまな取り組みを実施しております。

 

  多職種研修会

     令和元年度 多職種研修会(新しいウインドウで開きます)

  多職種意見交換会

     令和元年度 多職種意見交換会(新しいウインドウで開きます)

     平成30年度 多職種意見交換会(新しいウインドウで開きます)

  事例検討会

     令和元年度 地域ケア会議事例検討会(新しいウインドウで開きます)

 

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは介護長寿課です。

〒315-8512 かすみがうら市上土田461

電話番号:(代表)0299-59-2111 / 029-897-1111 (直通)0299-56-2312

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2020年4月6日
  • 2020年1月10日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る