読み上げる
  1. ホーム
  2. 就労・産業・まちづくり>
  3. 労働関連情報>
  4. 茨城労働局からのお知らせ(働き方改革いばらき)

茨城労働局からのお知らせ(働き方改革いばらき)

休暇をとって、春を感じませんか? ~「年次有給休暇の計画的付与制度」の導入を!~

 新型コロナウイルス感染症対策として新しい生活様式が求められる中、新しい働き方・休み方を実践するためには、計画的な業務運営や休暇の分散化にも資する年次有給休暇の計画的付与制度や、労働者の様々な事情に応じた柔軟な働き方・休み方に資する時間単位の年次有給休暇制度の導入が効果的です。

年次有給休暇の計画的付与制度とは?

 年次有給休暇の付与日数のうち、5日を除いた残りの日数については、労使協定を締結すれば、計画的に取得日を割り振ることができる制度です。この制度を導入している企業は導入していない企業よりも年次有給休暇の平均取得率が高くなる傾向にあります。
年次有給休暇の計画的付与制度がある企業割合は、43.2%と、前年調査より21.0ポイント増加しています。

時間単位の年次有給休暇制度とは?

 年次有給休暇の付与は原則1日単位ですが、労使協定を締結すれば年5日の範囲内で時間単位の取得が可能となります。

 

 詳しくは、リーフレットまたは年次有給休暇取得促進特設サイトをご確認ください。

【お問い合わせ先】茨城労働局雇用環境・均等室(電話番号:029-277-8295)

 

茨城労働局にて「ハラスメント相談窓口」を設置します

 茨城労働局では、12月1日~3月31日の期間に「ハラスメント対応特別相談窓口」を開設し、労働者・事業主の皆さまからの相談に時間をかけて、丁寧にご相談に対応していますので、できるだけお早めに下記までお電話ください。また、御来庁の際は新型コロナウイルス感染防止のため、ご予約いただくとスムーズです。

【お問い合わせ先】茨城労働局雇用環境・均等室(電話番号:029-277-8295) 受付時間:8時30分~17時15分(土日祝を除く)

 

【事業主の皆さま】令和2年6月1日施行の「女性活躍推進・ハラスメント防止対策」対応はお済みですか?

 ポータルサイト「あかるい職場応援」では、令和2年6月1日施行の「女性活躍推進・ハラスメント防止対策」について動画で解説しています。

 また、職場のハラスメントに関する動画や研修用資料などの情報を随時配信しています! 社内の体制整備に是非ご活用ください!

解説動画URL: https://www.no-harassment.mhlw.go.jp/mov_taisaku

 

 パートタイム・有期雇用労働法が施行されました! (※中小企業は令和3年4月1日施行)

~同一企業内における正社員(無期雇用フルタイム労働者)と非正規社員の間の不合理な待遇差が禁止されています~

  1. 不合理な待遇差の禁止
    同一企業内において、正社員と非正規社員との間で基本給や賞与などのあらゆる待遇について、不合理な待遇差を設けることが禁止されています。
  2. 労働者に対する待遇に関する説明義務の強化
    事業主は非正規社員から「正社員との待遇差の内容や理由」などについて求めがあった場合には説明をしなければなりません。

※厚生労働省ホームページ(同一労働同一賃金特集ページ)に、対応のための取組手順書や解説動画のほか、無料の相談機関や助成金などの支援策を掲載しています。
解説動画 URL: https://part-tanjikan.mhlw.go.jp/(新しいウインドウで開きます)

【お問い合わせ先】茨城労働局 雇用環境・均等室(電話番号:029-277-8295)

 

「くるみん」「えるぼし」の認定を受けて企業イメージUP!~認定を目指しましょう!~

「くるみん」とは?

 次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定及び策定した旨の届出を行った企業のうち、計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業を「子育てサポート企業」として認定する制度です。
 また、「くるみん」認定を既に受け、両立支援の制度の導入や利用が進み、高い水準の取組を行っている企業を評価する「プラチナくるみん」認定制度があります。

「えるぼし」とは?

 女性活躍推進法に基づき、一般事業主行動計画の策定及び策定した旨の届出を行った企業のうち、一定の基準(認定基準)を満たした企業を女性の活躍推進に関する状況等が優良な企業として認定する制度です。認定は、基準を満たす項目数に応じて3段階あります。
 また、「えるぼし」認定を既に受け、女性の活躍推進に関する取組の実施状況が特に優良な事業主を認定する、「プラチナえるぼし」認定制度ができました。

認定を受けるメリットは?

 これらの認定を受けた企業は、厚生労働大臣が定める認定マークを商品などに付し、対外的にPRできるほか、労働者の定着や優秀な人材の確保などの効果が期待できます。

【お問い合わせ先】茨城労働局 雇用環境・均等室(電話番号:029-277-8295)

 

 子の看護休暇・介護休暇が時間単位で取得できるようになります!~令和3年1月1日より~

 育児や介護を行う労働者が子の看護休暇や、介護休暇を柔軟に取得することができるよう、育児・介護休業法施行規則等が改正され、時間単位で取得可能となります。

  • 「時間」とは、1時間の整数倍の時間をいい、労働者からの申し出に応じ、労働者に希望する時間数で取得できるようにしてください。
  • 法令で求められているのは、いわゆる「中抜け」なしの時間単位休暇です。
  • 子の看護休暇や介護休暇を時間単位で取得することが困難な業務がある場合は、労使協定を締結することにより、時間単位の休暇制度の対象からその業務に従事する労働者を除外することができます。困難な業務の範囲は、労使で十分に話し合ってお決めください。
  • 事業主の皆さま、早めの規定整備をしましょう!

【お問い合わせ先】茨城労働局 雇用環境・均等室(電話番号:029-277-8295)

 

 

関係リンク先

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは地域未来投資推進課です。

〒315-8512 かすみがうら市上土田461

電話番号:(代表)0299-59-2111 / 029-897-1111 (直通)0299-56-2369

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2021年2月24日0時0分