読み上げる
  1. ホーム>
  2. 就労・産業・事業者の方>
  3. 労働関連情報>
  4. 茨城労働局からのお知らせ(働き方改革いばらき)

就労・産業・事業者の方

茨城労働局からのお知らせ(働き方改革いばらき)

土浦労働基準監督署におけるダイヤルイン(直通電話)導入について

令和2年4月1日(水)から、土浦労働基準監督署の電話は、ダイヤルイン(直通電話)となります。

番号は、以下の通りとなります。

  • 安全衛生課              :   029-882-7021
  • 労災課                    :   029-882-7022
  • 総合労働相談コーナー:   029-882-7017
  • 監督(方面)           :   029-821-5127

受付時間   :   開庁日(土日、祝祭日、年末年始以外)の8時30分から17時15分まで。

 

茨城県の特定最低賃金改正のお知らせ   ~もうチェックした?最低賃金!~

特定の業種に従事する労働者とその使用者に適用される最低賃金が、下記の一覧表のとおり改訂決定されました。

使用者と労働者が合意し、「特定最低賃金」未満の賃金で労働契約を結んでも、その賃金は無効とされ「特定最低賃金賃金」が適用されます。

なお、次の(1)から(3)に掲げる者等については、特定最低賃金の適用が除外され、茨城県最低賃金(時間額849円)が適用されます。

(1)18歳未満または65歳以上の者
(2)雇入れ後、6か月未満のものであって、技能習得中の者
(3)清掃、片付けの業務に主として従事する者

特定最低賃金             時間額
鉄鋼業 943円
はん用機械器具、生産用機械器具、業務用機械器具製造業

905円

計量器・測定器・分析機器・試験機・理化学機械器具、医療用機械器具・医療用品、光学機械器具・レンズ・電磁部品・デバイス・電子回路、電気機械器具、情報通信機械器具、時計・同部品製造業

901円
各種商品小売業 871円

                                                                                                                    効力発生日:令和元年12月31日

※詳細については、茨城労働局賃金室(TEL:029-224-6216)または最寄りの労働基準監督署までお問い合わせください。

 

茨城県最低賃金改定

茨城県の最低賃金は、令和元年10月1日(火)から【時間額:849円】になりました。

 

   問合せ先:茨城労働局賃金室

                電話   029-224-6216

 

最低賃金引上げに向けた支援策については・・・

(1)ワン・ストップ無料相談窓口

   相談窓口:茨城働き方改革推進支援センター

                 電話   0120-971-728

(2)業務改善助成金

   問合せ先:上記センター又は茨城労働局雇用環境・均等室

                 電話   029-277-8294

(3)キャリアアップ助成金

   問合せ先:茨城労働局職業対策課

                 電話   029-224-6219

11月は「過重労働解消キャンペーン」期間です。

 

働きすぎていませんか?
11月は「過労死防止啓発月間」、「過重労働解消キャンペーン」期間です。

 

【過労死等防止対策推進シンポジウム】が開催されます。

  • 参加費   :   無料

 

  • 日時      :   11月7日(木)13:30~15:30

 

  • 場所      :   水戸プラザホテル ガーデンルーム

 

※詳しくは、茨城労働局HPのトップから新着情報・イベント情報をクリックで確認できます。

【問い合わせ先】茨城労働局 監督課 TEL 029-224-6214  

仕事仕事休もっ化(やすもっか)計画を推進しています。

 

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)のために、年次有給休暇を計画的に活用しましょう。

 

茨城労働局では、この夏、「仕事休もっ化(やすもっか)計画」を推進しております。 土日・祝日にプラスワン休暇して、連続休暇にしませんか?

 

今年は、土日祝日制の会社で、8月13日(火)~15日(木)が夏季休暇の場合には12日(月)が山の日の振替休日となることから6連休となります。

 

16日(金)を年次有給休暇の計画的付与制度を用いて全社を休みとしたり、労働者が年次有給休暇をプラスワンすることで9連休となります。

 

暑い夏、メリハリをつけた働き方で、人生を充実させませんか。

 

  • 茨城県労働局雇用環境・均等室 ☎029-277-8294

「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーン

茨城県労働局では、特に多くの新入学生がアルバイトを始める4月から、「労働契約の際労働条件の明示」など、学生アルバイトの労働条件を確保する上で重要な事項について周知・啓発などのキャンペーンを実施しています。

 

【キャンペーン期間】平成31年4月1日 ~ 7月31日まで

 

【アルバイトを始める前に知っておきたい7つのポイント】

  1.  アルバイトを始める前に、労働条件を確認しましょう!
  2.  バイト代は、毎月、あらかじめ決められた日に、全額支払われるのが原則!
  3.  アルバイトでも、残業手当があります
  4.  アルバイトでも、条件を満たせば、有給休暇が取れます
  5.  アルバイトでも、仕事中のけがは労災保険が使えます
  6.  アルバイトでも、会社が自分の都合で自由に解雇することはできません
  7.  困ったときには、総合労働相談コーナーに相談を

 

【アルバイトでおかしい!と思ったら、ネットで検索&電話で相談】

  • ポータルサイト「確かめよう 労働条件」

   http://www.check-roudou.mhlw.go.jp/parttime/

  • 総合労働相談コーナー(若者相談コーナー)

   茨城県労働局雇用環境・均等室(TEL029-277-8295)又は最寄りの労働基準監督署

   ※月~金(祝祭日・年末年始を除く):午前8時30分~午後5時15分

  • 労働条件相談ほっとライン

   フリーダイヤル 0120-811-610(はい! ろうどう)

   ※月~金:午後5時~午後10時 土・日:午前9時~午後9時

就労者の皆様へ、「仕事休もっ化計画」を実践しましょう!

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)のために、年次有給休暇を計画的に活用しましょう。

茨城労働局では、土日・祝日に年次有給休暇を組み合わせて連休を実現する「仕事休もっ化計画」を推進しています。

 

  • 休もっ化計画1:仕事はチームで行い、チームの中で情報共有を図ることで休みやすい職場環境にしよう。
  • 休もっ化計画2:年次有給休暇の「計画的付与制度」を導入しよう。
  • 休もっ化計画3:土日・祝日に「プラスワン休暇」して、連続休暇にしよう。

 

「仕事休もっ化計画」「プラスワン休暇」、まずはゴールデンウィークからはじめませんか?

 

年次有給休暇取得促進期間・仕事休もっ化計画に関するお問い合わせ

茨城労働局雇用環境・均等室   <電話:029-277-8294>

 

年次有給休暇取得促進

事業主(使用者)の皆様へ、年次有給休暇の計画的付与制度の導入を検討しましょう!

  • 事業主(使用者)の皆様へ、来年度の業務計画等の作成に当たり、従業員の年次有給休暇の取得を十分に考慮するとともに、年次有給休暇の計画的付与制度の導入を検討しましょう。
  • 労働基準法が改正され、平成31年4月より、使用者は、10日以上の年次有給休暇が付与される全ての労働者に対し、毎年5日間、有給休暇を確実に取得させることが必要となりました。

 

詳しくは、以下のホームページをご参照ください。

年次有給休暇取得促進特設サイト(新しいウインドウで開きます) 

厚生労働省ホームページ「年5日の年次有給休暇の確実な取得 わかりやすい解説」(新しいウインドウで開きます)

 

茨城県最低賃金と茨城県特定最低賃金の改正   ~もうチェックした?最低賃金!使用者も 労働者も。~

茨城県最低賃金は、平成30年10月1日(月)から時間額822円(26円引上げ)に改定されました。

年齢やパート、学生アルバイトなどの雇用形態にかかわらず、県内で働くすべての労働者に適用されます。

また、特定の産業に従事する労働者とその使用者に適用される「特定最低賃金」が、下記一覧表のとおり改正されました。

使用者と労働者が合意し「特定最低賃金額」未満の賃金で労働契約を結んでも、その賃金は無効とされ「特定最低賃金」が適用されます。

なお、次の(1)から(3)に掲げる者等については特定最低賃金の適用が除外され、茨城県最低賃金(時間額822円)が適用されます。

   (1)18歳未満又は65歳以上の者

   (2)雇入れ後6月未満の者であって、技能習得中のもの

   (3)清掃、片付けの業務に主として従事する者

最低賃金名 時間額 効力発生日
茨城県最低賃金 822円 平成30年10月1日

茨城県

特定最低賃金

鉄鋼業 916円 平成30年12月31日
はん用機械器具、生産用機械器具、業務用機械器具製造業 880円

計量器・測定器・分析機器・試験機・理化学機械器具、

医療用機械器具・医療用品、光学機械器具・レンズ、

電子部品・デバイス・電子回路、電気機械器具、

情報通信機械器具、時計・同部分品製造業

877円
各種商品小売業 849円

※詳細については、茨城労働局賃金室(電話:029-224-6216)又は最寄りの労働基準監督署までお問い合わせください。

 

最低賃金引上げに向けた事業者への支援として、以下の相談窓口や助成金が利用できます。
  • ワン・ストップ無料相談窓口

      茨城働き方改革推進支援センター<電話:0120-971-728>

  • 業務改善助成金

      上記センターのほか、

      茨城労働局雇用環境・均等室<電話:029-277-8294>

  • キャリアアップ助成金

      茨城労働局職業対策課<電話:029-224-6219>

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは地域未来投資推進課です。

〒315-8512 かすみがうら市上土田461

電話番号:(代表)0299-59-2111 / 029-897-1111 (直通)0299-56-2369

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2020年3月31日
  • 2018年9月26日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る