音声読み上げ
音声読み上げを開始します
読み上げる

市内指定文化財

藤切り祇園祭

『藤切り祇園祭2』の画像

 

  • 指定年月日
    平11.11.25
  • 所在地
    かすみがうら市深谷 藤切り坂
  • 所有者又は管理者
    八坂神社


深谷八坂神社の祭礼で毎年7月第4土曜日(以前は旧暦6月21日)の宵祇園の日に行われます。
八坂神社を祀る深谷地内の深谷一・二集落、上郷集落、東部集落、下郷集落、幕田集落が5年を1周として巡まわりで上当(頭)・下当(頭)をつとめます。御輿をかついだり、藤を切るのは上当、藤づるや大魚(堅木の丸太をナラなどの小枝で包んだもの)を用意するのは下当の役目とされています。
宵祇園の日の午後、御輿の小浜下りが始まり、その帰途御輿が藤切り坂にさしかかると、下当の若衆が土手の上で藤づるを力いっぱいまわし、これをさえぎります。上当の者は、薙刀で四苦八苦してこれを切り、次に坂の上にある大魚をナタで切ります。これで御輿が通ることができ、藤切りの行事は終了します。この藤づるを切る行為には、幾多の困難を乗り切るという意味が込められており、疫病退散、五穀豊穣、民生安定を祈願する行事として、現在も続けられています。




問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは歴史博物館です。

〒300-0214 かすみがうら市坂1029-1

電話番号:029-896-0017 ファックス番号:029-896-1168

アンケート

かすみがうら市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る