読み上げる
  1. ホーム
  2. 市長の部屋>
  3. 市長日記>
  4. 市長日記(2022年)

市長日記(2022年)

栃木国体 陸上100メートル少年男子B優勝者表敬訪問

10日に栃木県で開催された第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」に出場した小室歩久斗さんが表敬訪問してくれました。
小室さんは、霞ヶ浦中学校の卒業生で、現在つくば秀英高校の1年生。出場した陸上100メートル(少年男子B)では、10秒64のタイムで優勝を果たしました。
負けず嫌いな性格で、自分でも工夫して練習し勝つための練習を惜しまないとのことです。また、練習の合間には、市内の陸上クラブにも顔を出し、後輩にも慕われているとのことです。
くれぐれも怪我には気を付けていただき、周りの人を感動させる走りを期待しています。これからも頑張ってください。

令和4年11月25日

表敬訪問表敬訪問生涯学習フェア

 

明治安田生命保険相互会社寄付金贈呈式

「私の地元応援募金」としまして、貴重なるご寄付をいただきました。
いただきましたご寄付につきましては、「子育て支援」に、有効に活用させていただきます。
この「私の地元応援募金」は、従業員の皆様が、ゆかりのある市町村への募金と会社からの寄付が基となり支援を行っているとのことです。このたびの募金では、従業員の皆様からのご厚意により、ご寄付いただけることは、本市としましても大変喜ばしいことであります。誠にありがとうございました。

令和4年11月17日

明治安田生命明治安田生命

 

JA水郷つくば学校給食レンコン贈呈式

昨年に引き続きまして、小・中学校給食の食材としまして、レンコンをご提供いただきました。
ご提供いただきましたレンコンにつきましては、今月22日(火曜日)の学校給食において、「れんこんのサラダ」に調理されます。
児童・生徒達も旬の地場産物を味わうことができ、郷土への関心や誇りも高まるものと思っております。誠にありがとうございました。

令和4年11月14日

れんこんれんこんれんこん

 

無人航空機を活用した地域経済活性化等に関する協定締結式

株式会社eロボティクス茨城様、一般社団法人環境ロボティクス協会様 並びに当市における「無人航空機を活用した地域経済活性化等に関する包括連携協定」の締結式を執り行いました。
本協定は、無人航空機を活用し、かすみがうら市内での産業や農業、観光分野におけるドローン等のロボティクス技術を活用した新たな価値創造、生産性向上、雇用創出等地域活性化に資する支援協力、さらに、災害が発生し、または発生の恐れがある場合における情報収集等についての支援協力に関し、包括連携協定を結ばせていただきました。
当市といたしましても、更なる連携を深め、新たな価値創造、生産性向上、雇用創出など地域の活性化と市内産業の発展に向けて、官民連携のもと、活力とにぎわいのある「まちづくり」に取り組んでまいります。

令和4年11月9日

生涯学習フェア生涯学習フェア生涯学習フェア

 

茨城県 子どもを守ろう!オレンジリボンたすきリレー2022

子ども虐待防止啓発活動「茨城県 子どもを守ろう!オレンジリボンたすきリレー2022」が行われました。
この活動は、今年度で10回目の取り組みであり、当市が県南コースの中継地点として継続して参加させていただきました。
子ども虐待は早急に解決すべき問題であり、子どもの「命」と「権利」、そしてその「未来」は社会全体で守らなければなりません。
「虐待のない社会の実現」のため、オレンジリボンが、たくさんの皆様の心に届けられるよう願っております。

令和4年11月4日

オレンジリボンオレンジリボンオレンジリボン

 

(仮称)千代田PAスマートIC連結許可書伝達式

(仮称)千代田PAスマートIC連結許可書伝達式が行われました。
千代田PAエリアへのスマートインターチェンジ設置の構想から数年が経ち、この度、新規事業化の決定および連結許可書をいただきました。(仮称)千代田PAスマートインターチェンジの整備は、常磐自動車道へのアクセス性が向上することから、観光振興、国道6号の渋滞緩和、災害時の避難、救急医療の支援など地域活性化に大きく寄与するものと考えております。
今後、スマートインターチェンジの整備効果を最大限発揮させるために、地域住民や事業者との連携、周辺道路整備や公共施設の活用などを進めていきます。

令和4年10月28日

連結伝達式連結伝達式

 

旧牛渡小学校の活用に関する地域説明会

旧牛渡小学校の活用に関する地域説明会が開催されました。
この度、活用事業者の再公募を行ったところ、旧牛渡小学校を対象とした事業提案が4事業者からありました。
その後、8月に開催しました審査会において、優先交渉権者となりましたのが、本日、説明をしていただきました、日立建機株式会社様です。
ロボット建機、電動建機などを中心とした先端建設機械製品の研究開発の拠点として活用を予定しているとのことです。
ぜひ、活用していただけることを期待しています。

令和4年10月26日

旧牛渡小学校旧牛渡小学校

 

第2回 JBCFかすみがうらタイムトライアル&ロードレース

10月22日・23日、坂・田伏地内の特設コースで、第2回 JBCFかすみがうらタイムトライアル&ロードレースが開催されました。
この大会は、自転車を愛好する若人が、それぞれの分野において日頃鍛錬を重ねた技術と能力を競い合い、体力の向上および健全な精神の滋養をはかり、自転車競技を通じて地域社会との交流に寄与することを目的として開催されています。
私は、23日のロードレースJプロツアー「JPT」スタートの号砲を行いました。JPTは、4.8キロメートルのコースを、なんと25周、計120キロメートル走ります。しかも、ものすごいスピードで駆け抜けていきます。
ロードレースに関しては、今回が最終戦でした。選手の皆さんは、一度体を休め、来期に向けて頑張ってください。

令和4年10月24日

JBCFJBCFJBCF

 

生涯学習フェア2022

10月15日、16日にあじさい館で開催された「生涯学習フェア2022展示発表」を見学しました。
市内芸術文化団体や市内中学校美術部の作品展示などを拝見し、市内で活動している方々のパワー、思いが詰まった作品ひとつひとつがすばらしい作品でした。
来年度こそは、コロナ前のように屋外イベントも行える世情になることを期待しています。

令和4年10月17日

生涯学習フェア生涯学習フェア生涯学習フェア

 

第51回板橋区民まつり

10月15日、板橋区で開催された「第51回板橋区民まつり」のオープニングセレモニーに参加しました。
このまつりは、昭和47年に「区民のつどい」として始まり、今年で51回目を迎える歴史あるイベント。
3年ぶりの開催となった今回は、区制施行90周年でもあり、「みんなで描く いたばしの未来」をテーマに様々な催し物がありました。
また、本市から出店した「ふるさと出島の会」さんのテントは、野菜や水産加工品を買い求めるお客さんで大賑わいでした。
板橋区とは、現在、災害時における相互援助に関する協定を締結しております。今後も、関係自治体間の連携を強めていきます。

令和4年10月17日

板橋区民まつり100歳板橋区民まつり

 

ソフトテニスのJOCジュニアオリンピックカップ大会出場者が表敬訪問

9月17日、18日に広島県で開催された「JOCジュニアオリンピックカップ大会」に出場した中泉茶々さんと小松崎麻友さんが表敬訪問してくれました。
お二人は、7月に行われた「第39回全日本小学生ソフトテニス選手権大会」の女子個人戦で第5位となり、日本ソフトテニス連盟から推薦を受け、今大会へ出場を果たしました。出場しての感想をお聞きしたところ「強い相手と戦えて楽しかった」と話してくれました。
お二人とも小学6年生ですので、今後がとても楽しみです。これからも頑張ってください。

令和4年10月13日

JOCJOC

 

土浦地区更生保護サポートセンター開所式

土浦地区更生保護サポートセンターは、平成23年に県内初の更生保護サポートセンターとして開所し、多くの活動を続けてこられました。その拠点が6月から土浦市さんのご厚意により、土浦亀城プラザを間借りし新たに開所しております。
引き続き、更生保護事業の拠点として、処遇活動は元より啓発活動等の充実に向け、活動をお願いいたします。

令和4年9月17日

土浦地区更生保護サポートセンター

 

敬老100歳褒状を贈呈

市内で敬老の日までに100歳を迎えられる方が11名いらっしゃいます。
長年にわたり社会貢献された功績を敬い、長寿を祝って褒状と記念品を贈呈いたしました。大正、昭和、平成、令和と激動の一世紀を生き抜いた歴史に敬服いたします。
いつまでもご健勝でありますことをお祈りいたします。

令和4年9月15日

100歳100歳100歳

 

新教育長に井坂庄衛氏が就任

令和4年市議会第1回臨時会において議会の同意を得て、本日、市教育委員会教育長に井坂庄衛さんを任命しました。
任期は、令和4年9月1日から令和6年6月24日までです。
井坂さんは、県内の小中学校教諭を経て、県南教育事務所長、かすみがうら市立千代田中学校長などを歴任し、平成30年に定年退職。令和3年から県教育研修センターの主査として勤務していました。
教育者としての経験を活かし、人口減少時代の中で、本市の未来を担う豊かな「人財」の育成などに、手腕を発揮していただくことを期待しております。よろしくお願いします。

令和4年9月1日

井坂教育長就任

 

バレーボールの関東大会出場チーム「かすみがうらJVS」が表敬訪問

7月30日、31日に神奈川県で開催された「第41回関東ブロックスポーツ少年団競技別交流大会」に出場した「かすみがうらJVS」の皆さんが表敬訪問してくれました。
かすみがうらJVSは、7月2日、3日に行われた同大会の茨城県大会で優勝し、関東大会の出場権を得ました。チームとしては、キャプテンが身長を活かした強烈なアタックを打ち、周りがボールを拾うというプレイスタイルとお聞きしました。チームとしての気持ちがひとつにまとまったことが、良い成績につながったものと思います。今後も、仲間と力を合わせ、楽しくバレーボールを続けて欲しいと思います。
※JVSは「ジュニア・バレーボール・スポーツ少年団」の略

令和4年8月24日

JVSJVSJVS

 

地域経済活性化等に関する協定締結式

株式会社クラウドファンディング デザイン様と株式会社キャンプファイヤー様、本市における「クラウドファンディングを活用した地域経済活性化等に関する包括連携協定」の締結式を執り行いました。
新規事業開発に取り組む市内の起業家や中小企業等に対し、クラウドファンディングを活用したテストマーケティングや資金調達を支援することを通じて、本市の産業振興を図るもので、地域経済の活性化を推進するうえで、大変、有意義な協定となりました。

令和4年8月17日

協定締結式協定締結式協定締結式

 

バドミントンの全国大会出場者が表敬訪問

熊本県で開催される「ダイハツ全国小学生ABCバドミントン大会」に出場する霞ヶ浦南小学校6年生の中泉琉花さんが、お父さんと一緒に表敬訪問してくれました。
粘り強さを活かしたプレーが持ち味とのことです。持ち味を活かし悔いのないよう、全力で挑んでいただきたいと思います。頑張ってください。

令和4年8月10日

クリ1クリ2クリ3

 

全国クリ研究協議会(茨城県大会)現地視察

全国クリ研究協議会「茨城県大会」の現地視察が当市を主たる会場として開催されました。
栗は、当市を代表する果樹の一つであり、古くから各地域特有の生産が営まれてきており、その一つである、志士庫地区においては栗専門の農協である「志士庫園芸農業協同組合」が土台となり、高品質な「志士庫栗」の生産・出荷を支えております。
今回の茨城県大会を契機に、より一層、生産者や関係者の皆様の連携によって、栗生産の更なる振興が図られていくことを願っております。

令和4年7月27日

クリ1クリ2クリ3

 

茨城県人会連合会

茨城県人会連合会の懇親会が、新型コロナ感染症対策を徹底し、3年ぶりに開催されました。
多くの会員の皆様をはじめ、関係者が一堂に会し、活発な交流をさせていただきました。
県内町村のブースでは、各市町村が「我がまちをもっと知ってほしい」と積極的にかつ熱心にPRしていました。
当市も、湖山の宝推奨品をはじめ、自転車を活用した地域振興を積極的にPR。多くの方に当市へ来ていただき、当市の魅力をひとりでも多くの方に知っていただきたいと思います。

令和4年7月25日

県人会1県人会2県人会3

 

宮嶋謙新市長が初登庁

かすみがうら市長として初登庁ができることは、私にとって大変な喜びであるとともに、本当に身の引き締まる思いであります。
子どもたちからご年配の方々まで、すべての皆様が夢と希望に満ちあふれ、この街に生まれ、育ち、学び、住み、働いて「よかった!」と実感できる「活力とあたたかさあふれる市政の実現」を目指していきます。
市民が主役の市政実現に向けて「かすみがうら市」が、なお一層の飛躍が遂げられるように、誠心誠意、努力していきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

令和4年7月25日

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書広報課です。

千代田庁舎 〒315-8512 かすみがうら市上土田461

電話番号:(代表)0299-59-2111 / 029-897-1111 (直通)0299-56-2391

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2022年11月18日0時0分