読み上げる
  1. ホーム
  2. 市長の部屋>
  3. 市長日記>
  4. 市長日記(2021年)

市長日記(2021年)

21/08/05 茨城県環境保全協会との災害し尿等の収集運搬協力協定締結式

し尿1し尿2し尿3

本日、一般社団法人茨城県環境保全協会と、「災害時における災害し尿等の収集運搬の協力に関する協定」を締結しました。
本協定は、市内において大規模災害等が発生した場合に、し尿や浄化槽汚泥及び災害廃棄物等の収集運搬に関し、協力を要請するためのものです。
茨城県環境保全協会においては、令和元年東日本台風の際に、県内の被災地で災害廃棄物の収集運搬等、長期間にわたりご尽力されたとのことです。
本協定を締結することにより、市民の生活環境の保全と公衆衛生の確保が、大いに期待できるものとなります。
今後起こり得る災害に備えて「安全・安心なまちづくり」を進めてまいります。

 

21/07/11 かすみがうら市総合防災訓練(千代田中学校区)

21訓練321訓練2

21訓練121訓練4

千代田講堂を会場に、千代田中学校区内の区長さんをはじめ市内防災士の皆さんのご協力のもと、コロナ禍における地震発生を想定し、複合災害時の避難所運営訓練を開催しました。
「暮らしを守る防火防災アドバイザー」代表の横山松夫氏を講師に迎え、第1部では、避難者が自主的に避難所運営するための講義を、第2部では、市内防災士による避難所運営ロールプレイング型訓練を実施しました。
今後起こりうる災害に備え、地域防災力の強化を図るとともに、市民と行政が一体となった防災体制の確立を目指してまいります。

 

21/07/03 原水爆禁止国民平和大行進

行進1行進2行進3

原水爆禁止国民平和大行進の皆様を千代田庁舎でお迎えしました。
核兵器の廃絶と世界平和の実現に向けた取り組みに対し、積極的な活動を展開されていることに心から敬意を表します。
広島と長崎において核兵器が使用され76年が経とうとしています。世界の平和と安全を脅かしている「核兵器」をこの地球上から廃絶することは、被爆者の方々の心からの願いであると同時に日本国民、世界中の願いです。

 

21/07/02 東京五輪2020ハンドボール男子代表 元木博紀選手の表敬訪問

元木1元木2元木3

東京2020オリンピック日本代表に選出されました、ハンドボール男子「彗星ジャパン」の元木博紀選手(東野寺出身)が、表敬訪問してくださいました。
元木選手は、前回のリオデジャネイロ・オリンピックアジア予選でも日本代表に選出され、スピードとテクニックを兼ね備えた「不動の左腕」として活躍しております。
元木選手から「オリンピックへの出場は小さいころからの夢でした。日本代表を誇りに、胸を張ってチーム一丸で頑張ります」と、力強く抱負を語っていました。
日本代表に選ばれたことは、たゆまぬ努力の成果であります。本市出身の元木選手が、世界に羽ばたくことを大変うれしく思っており、市民の皆さんにとりましても大きな誇りだと思います。
皆さんで元木選手の活躍を応援しましょう!

 

21/06/25 教育長及び教育委員の辞令交付式

教育長委員1教育長委員2教育長委員3

今月開催しました第2回市議会定例会において、教育長及び教育委員の選任同意が承認された、大山隆雄教育長(再任)と坂本雅子教育委員(再任)へ、辞令交付を行いました。
大山教育長の任期は令和6年6月24日までの3年間で、坂本教育委員の任期は令和7年6月24日の4年間となります。
これまでの経験と知識を大いに発揮していただいて、本市教育行政の発展のため、引き続きご尽力をいただきたいと思います。

 

21/06/21 日本ムービングハウス協会との包括連携協定及び応急仮設住宅建設協定締結式

ムービング1ムービング2ムービング3

本日、一般社団法人ムービングハウス協会様(佐々木信博代表理事)と「包括連携協定及び災害時における応急仮設住宅(移動式木造住宅)の建設に関する協定」を締結しました。
この協定は、被災者への多様なニーズに対応するため、大規模災害発生時において、当市からの要請に応じて応急仮設住宅の優先的供給と建設を円滑に行うためのものです。
今後起こり得る災害に備えて「安全・安心なまちづくり」を進めてまいります。

 

21/06/11 元横綱稀勢の里・荒磯親方の表敬訪問

稀勢の里1稀勢の里2

茨城県出身の元横綱稀勢の里の荒磯親方が表敬訪問してくださいました。
このたび県内(県南地域)に荒磯部屋を創設されるとのご報告があり、現在、準備を進めているところで、来年の夏頃に完成予定とのことです。
荒磯親方からは、「郷土の茨城へ恩返しがしたいとの思いで部屋の創設を決めた。茨城から横綱を育て、地元の皆さんに応援してもらえるような部屋にしたい。」と抱負を語っておられました。
市民の皆さん、県民の皆さんにとって大変喜ばしいことで、今後、荒磯部屋出身の力士の活躍が期待されます。
荒磯部屋の益々のご発展とご活躍をお祈り申し上げます。

 

21/05/28 (株)和円商事から寄付金贈呈

和円1和円2

(株)和円商事(本多敏行代表取締役社長)から、本市の環境保全対策に役立ててほしいと、寄付金20万円が贈呈されました。
貴社は、東京都内に本社を置く、国内・外にプラスチック再生事業を展開している企業とのことで、現在、茨城県内2箇所に工場を所有しおり、このたび、3箇所目を本市へ建設することとなりました。
本多社長からは、「SDGsの達成に貢献する企業として、工場を建設するかすみがうら市の環境保全に協力するとともに、リサイクルを通じて循環型社会の一役を担っていきたい」とお話がありました。
貴社のお気持ちを大切にさせていただき、有効活用させていただきます。

 

21/05/11 霞ヶ浦ライオンズクラブからポケトークとキッズプレイハウス寄贈

ぽけ1ぽけ2ぽけ3

霞ヶ浦ライオンズクラブ様(車田一恵代表)から、ポケトーク(通訳機)3台とキッズプレイハウス一式を寄贈いただきました。
貴クラブは、日頃より、地域の社会貢献活動を積極的に行っている団体で、地区対抗ソフトボール大会の開催やチャリティー活動なども積極的に取り組むなど、住みよい地域社会づくりに貢献されております。
ポケトークは市内学校へ、また、キッズプレイハウスは大塚児童館へ寄贈いただけるとのことで、ポケトークにおいては、外国人児童生徒の就学数が増加する中、コミュニケーションツールとして活用し、安心して学校生活が送れることが期待されます。
貴クラブのお気持ちを大切にさせていただき、有効活用させていただきます。

 

21/04/21 新型コロナウイルスワクチン集団接種を開始

接種1接種2接種3

かすみがうらウエルネスプラザを会場に、市内医療従事者282名を対象とした、新型コロナウイルスワクチンの集団接種を実施しました。昨日20日より3日間の予定で行い、その後、高齢者施設入所者、一般高齢者等への接種を順次、実施いたします。
また、集団接種のほか、市内8箇所の協力医療機関においても個別接種できるよう、引き続き準備を進めてまいります。

 

21/04/14 (株)MSCから自動除菌剤噴霧器寄贈

噴霧1噴霧2噴霧3

(株)MSC様(松波克弥代表取締役)から、新型コロナウイルス感染症対策に役立ててほしいと、自動除菌剤噴霧器1台を寄贈いただきました。
この噴霧器は、建物出入口付近に設置する噴霧器で、人感センサーにより、ミスト状の除菌剤を自動で噴霧することがきる機器で、既に医療機関や介護施設のほか、民間企業などにも導入されているとのことです。
出入口付近に設置することで、クラスター対策等の予防効果が期待されます。
貴社のお気持ちを大切にさせていただき、感染拡大防止のため、有効活用させていただきます。

 

21/03/30 新治地方広域事務組合解散式

広域解散1広域解散2

本日、新治地方広域事務組合(環境クリーンセンター)の解散式を執り行いました。
当組合は、石岡市、土浦市、当市の3市が手を取り合って運営してまいりましたが、効率的かつ安定的な廃棄物処理を目的に、4月以降、当市においては、霞台厚生施設組合へ移行します。
昭和49年の新治地方環境衛生組合の設立から、約半世紀にわたり、広域的な環境行政の一翼を担い、住民の衛生的で快適な日常生活を支えてきました。
引き続き、近隣自治体と連携を図りながら、循環型社会の形成を目指し、廃棄物の発生抑制や適正処理の推進に取り組んでまいります。

 

21/03/30 常陽銀行から防犯ブザー寄贈

ぼうぶ1ぼうぶ2

常陽銀行様から市内の小学校新1年生へ、防犯ブザーを寄贈いただきました。
この寄贈は地域貢献活動の一環として、平成17年度より毎年贈呈を受け、今年で17回目となります。
今や通学路の安全対策に防犯ブザーは必需品であります。
貴行のお気持ちを大切にさせていただき、これからも安全・安心なまちづくりを進めてまいります。

 

21/03/30 いばらきコープからランドセルカバー寄贈

らんど1らんど2

本年も、いばらきコープ生活協同組合様から、市内の小学校新1年生へランドセルカバーを寄贈いただきました。
貴組合は、宅配などの日常業務を行いながら、登下校中の児童の見守り役としての機能も果たされております。
また、今年で、組合誕生50周年を迎えるとのことで、今般のコロナ禍で、改めて宅配の良さが見直され、多くの方々から感謝と期待の声が寄せられているとのことでした。
貴組合のお気持ちを大切にさせていただき、これからも安全・安心なまちづくりを進めてまいります。

 

21/03/09 土浦北ライオンズクラブから屋外用スポーツベンチ寄贈

貝塚1貝塚2

土浦北ライオンズクラブ様(貝塚理代表)から、屋外用スポーツベンチ16基を寄贈いただきました。
貴クラブは、共生・協働・地域奉仕をスローガンに掲げ、社会貢献活動を積極的に行っている団体で、昨年も、新型コロナウイルス感染症対策として、サージカルマスク10,000枚を寄贈いただいております。
貴クラブのお気持ちを大切にさせていただき、市内の体育施設に有効活用させていただきます。

 

21/02/25 茨城県市長会自治功労者表彰

村本1村本2

村本弘章さん(宍倉)が、茨城県市長会から自治功労者表彰を受賞されました。
本来であれば、茨城県知事から表彰を受けるところでしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、表彰式が中止となったため、私から伝達という形でお渡ししました。
村本さんは、平成16年4月から行政区長として永きにわたり、地域と行政をつなぐパイプ役として、地域自治組織の発展に尽力されました。
また、市区長会副会長としても6年にわたり歴任するなど、現在の区長会の礎を築くために活躍し、自治振興の推進に貢献された功績が認められ、このたびの受賞となりました。
これからも健康に留意され、本市発展のためご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

 

21/02/22 新型コロナウイルスワクチン模擬接種訓練

模擬訓練1模擬訓練2模擬訓練3

模擬訓練4模擬訓練5模擬訓練6

本市の集団接種会場として予定している、かすみがうらウエルネスプラザ体育館において、市内医療従事者や健康推進団体等が参加し、ワクチン接種模擬訓練を実施しました。
この訓練は、本番に向けて万全な体制で実施できるよう行われたもので、参加者からは様々な課題や要望等が提言されました。
本日の課題等を反映し、円滑にワクチン接種が実施できるよう準備を進めてまいります。

 

21/02/15 (株)エス・ワイ・エムから不織布防護服寄贈

防護服1防護服2防護服3

(株)エス・ワイ・エム様(松井幸枝代表取締役)から、新型コロナウイルス感染症対策に役立ててほしいと、不織布防護服500セットを寄贈いただきました。
この防護服は、医療や介護などの感染リスクが高い現場でも対応可能な高性能医療用ガウンとのことです。
防護服は、本市のワクチン接種開始に備えるべく、感染防止措置として医療従事者や現場スタッフ等が使用する重要な資材であります。
貴社のお気持ちを大切にさせていただき、感染拡大防止のため、有効活用させていただきます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書広報課です。

千代田庁舎 〒315-8512 かすみがうら市上土田461

電話番号:(代表)0299-59-2111 / 029-897-1111 (直通)0299-56-2391

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2021年8月5日0時0分