読み上げる
  1. ホーム
  2. 健康・福祉>
  3. 健康>
  4. 予防接種>
  5. ロタウイルス感染症の定期接種について(令和2年10月1日からはじまります)

ロタウイルス感染症の定期接種について(令和2年10月1日からはじまります)

ロタウイルスとは

ロタウイルスは感染性胃腸炎の原因となるウイルスの一つで、乳幼児期にかかりやすい病気です。

主な症状は、水のような下痢、吐き気、嘔吐、発熱、腹痛です。脱水症状がひどくなると点滴が必要となったり、入院が必要になることもあります。

ロタウイルスワクチンの接種を受けることで、重症化予防にも効果があるとされます。

定期接種対象者

2020年8月1日以降に生まれた児で、生後6週から生後32週の間に、乳児に経口接種します。

初回接種は生後14週6日までに行うことが推奨されています。

ロタウイルスワクチンの種類及び接種方法

ロタウイルスワクチンには、ロタリックとロタテックの2種類があります。どちらも、経口による接種を行います。

注:1回目と同じワクチンを接種してください。詳しくはこちらをご覧ください。

ワクチンの種類対象年齢接種回数
ロタリックス(1価ワクチン) 生後6週から24週0日 27日以上の間隔をおいて2回
ロタテック(5価ワクチン) 生後6週から32週0日 27日以上の間隔をおいて3回

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康づくり増進課(保健センター)です。

〒300-0121 かすみがうら市宍倉5462

電話番号:(代表)0299-59-2111/029-897-1111 (直通) 029-898-2312

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2020年9月4日14時50分