読み上げる

指定ごみ袋

指定ごみ袋制度を導入しました(対象:燃やすごみ)

指定ごみ袋image

 

 市では、燃やすごみの減量や分別による資源化を進めるため、令和3年10月から、市が指定する袋での排出をお願いする「指定ごみ袋制度」を導入しております。
 なお、導入から6 カ月間は移行期間とし、令和4年4 月から完全実施となるため、買い置きのごみ袋がある場合は、それまでの間にご使用ください。

※ 今まで使用していた透明の袋は、プラスチック製容器包装や古着を出す際に使用できます。(半透明不可)

 

<指定ごみ袋の導入スケジュールについて>

スケジュール 指定ごみ袋 透明な袋
令和3年10月1日から令和4年3月31日まで
令和4年4月1日以降 ×

 

指定ごみ袋の販売について

 指定ごみ袋は、スーパー、ホームセンターなどで販売されております。
 指定ごみ袋の大きさは、「45リットル」、「30リットル」、「20リットル」の3種類になります。なお、形は、持ち運びやすく縛りやすい、「U 型袋(取っ手付き袋)」になります。

 

指定ごみ袋の価格について

 指定ごみ袋は、各販売店が定める市場価格により販売されます。

 

指定ごみ袋制度とは?

 指定ごみ袋制度とは、市が大きさ・色・形などを指定したごみ袋(燃やすごみ専用)を市民の皆さんが購入し、ごみを集積所へ出す際に使用していただく制度です。
 なお、この指定ごみ袋制度は、袋の値段にごみ処理手数料を上乗せする「ごみの有料化」ではありません。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境保全課です。

霞ヶ浦庁舎 〒300-0192 かすみがうら市大和田562

電話番号:(代表)0299-59-2111 / 029-897-1111 (直通)029-886-3304

メールでのお問い合わせはこちら
  • 2021年9月21日0時0分