読み上げる
  1. ホーム
  2. 健康・福祉>
  3. 保険・年金・医療福祉制度>
  4. 国民健康保険>
  5. 交通事故等にあったとき(第三者行為の届出について)

交通事故等にあったとき(第三者行為の届出について)

 交通事故等、第三者の不法行為によって傷病を受けた場合でも、国保を使って治療が受けられますが、その際には必ず国保に届け出が必要になります。
 本来加害者が負担すべきである医療費を一度国保で立て替え、後日加害者へ請求することとなるためです。

 国保を使って治療を受ける際には、国保年金課(千代田庁舎)、霞ヶ浦窓口センター(霞ヶ浦庁舎)又は中央出張所(働く女性の家)のいずれかに届け出をしてください。

交通事故による第三者行為の場合

交通事故(自損事故も含む)による傷病を届け出る場合は、次の様式をご利用ください。

交通事故以外の第三者行為の場合

他人のペットによる咬傷等、交通事故以外による傷病を届け出る場合は、次の様式をご利用ください。

国民健康保険が使用できない場合

なお、次の場合国民健康保険は使用できませんので、ご注意ください。

  1. 加害者から治療費を受け取ったり、示談を済ませたりした場合
  2. 被害者本人が飲酒運転やスピード違反運転等を行っていた場合
  3. 被害者本人が故意の犯罪行為や喧嘩等により負傷した場合
  4. 被害者本人が故意に病気にかかったり、自ら負傷したりした場合

 また、仕事中や通勤中の傷病は、原則労働者災害補償保険(労災)の対象となりますので、勤務先や労働基準監督署にお問い合わせください。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは国保年金課です。

千代田庁舎 〒315-8512 かすみがうら市上土田461

電話番号:(代表)0299-59-2111 / 029-897-1111 (直通)0299-56-2306

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2022年3月16日0時0分